闇の七王

新章デュエル・マスターズ以降の背景ストーリーに登場する用語。

マフィ・ギャングの支配する文明の、「影の者」よりもさらに上の地位を持つ7人の王を指す。
いずれも直接のカード化はされておらず、マフィ・ギャングなのか否か、そもそもクリーチャーなのかすらも定かではない。代わりに各王の名を冠する呪文がそれぞれ登場している。

メンバー

冥王 ゲルグ

名を冠する呪文《冥王の牙》DMRP-01にて最初に名前が発覚した七王である。

蝕王 ダンタル

名を冠する呪文《蝕王の晩餐》

戒王 ガデス

名を冠する呪文《戒王の封》

絶王 ゼル

名を冠する呪文《絶王の遺言》《瓶炎医 レバー》フレーバーテキストにて単独で言及されていたが、名を冠する呪文がなかった。少し経ったDMRP-09にて《絶王の遺言》として収録される。

怨王 ザガ

名を冠する呪文《怨王の死鎌》

塵王 ヴァガン

名を冠する呪文《塵王の黒穴》

「闇の長」

同じ七王以外にはその名を呼ぶことを許されず、代わりに畏怖と敬愛の念を込めて「あのお方」と呼ばれている王。唯一名前が発覚しておらず、名を冠する呪文も当然登場していない。
《暗黒の太陽》を作ったとされる「影の者の長」と同一人物なのかは不明。

業王 ディガロ

故人。名を冠する呪文はなし。代わりに《採菌医 ウォンド》《臓裂虫テンタイク・ワーム》フレーバーテキストにて言及されるのみ。
七王はかつて彼を含む「八王」だったが、《キングダム・オウ禍武斗》との戦いに敗れ死んだとされる。

背景ストーリーでの活躍

基本的には個別のフレーバーテキストでその存在がほのめかされるのみ。

《卍 デ・スザーク 卍》が降臨すると、これを迎えるために業王の死以来行われていなかった円卓会議が行われる運びとなった。
しかし、七王全員が集った矢先、卍月 ガ・リュザーク 卍となった魔凰の炎によって全滅させられてしまう

「闇の長」の魂は崩壊した円卓に未だとどまっているようである。

参考