運ゲー

ある環境または試合において、運の占める割合があまりにも大きくなること。

「勝敗があまりにも運(偶然)によって左右されてゲームとして成り立っていないゲーム」の略である。

デッキビルディングプレイングといった、ゲームにおける他の要素を否定し、そこにかける労力を無駄にしてしまうため、あまり望ましい状態ではない。

また、本来そのゲーム自体を否定する言葉であり、一回のデュエルの勝因や敗因を語る言葉ではない。

  • 昨今のデュエル・マスターズ、ひいてはトレーディングカードゲーム・ゲーム業界の競技性の高まりから「運ゲー」だけでなく「(プレイヤーの実力に左右されない)運要素が絡む事象」自体に否定的な見方をする者もいるが、そもそも特にカードゲームにおいて運の要素はつきものである。
    運の要素そのものを否定するならば、極端な話プレイヤー間の実力差(プレイングだけではなくデッキビルディングの腕も含む)と初手で勝敗が決してしまい、それこそ駆け引きや読み合いなど、ゲーム自体は単なる茶番となってしまうだろう。
    この手は「自分ではどうにもならない要素があるから面白い」のである。

参考


Last-modified: 2018-09-30 (日) 11:36:02