解決

カード能力を書かれている順番で実行すること。

呪文」「トリガー能力」「起動型能力」の三つが解決される。

これらは、「解決」という手順を踏むことで、はじめて何らかの効果を生み出す。


解決のルール

1.同時に誘発したトリガー能力は、アクティブ・プレイヤーのカードから先に、好きな順番で解決する

例)自分のターン、バトルゾーンに自分と相手の《雷鳴の守護者ミスト・リエス》がいる時に、自分が《青銅の鎧》召喚した場合。

この時、アクティブ・プレイヤーは自分であるため、能力の解決順は次のようになる。

  1. 自分の《ミスト・リエス》か《青銅の鎧》の能力を解決。
  2. 自分の《守護者ミスト・リエス》か《青銅の鎧》のうち、先ほど解決していない方の能力を解決。
  3. 相手の《ミスト・リエス》の能力を解決。

これ以外の手順での解決はできない。よって、自分の《ミスト・リエス》→相手の《ミスト・リエス》→自分の《青銅》という順番はできない。


2.呪文能力の解決中に、別の呪文や能力を解決することは出来ない

例)《フォース・アゲイン》《悪魔神デスモナーク》を選んだ場合

  1. 《フォース・アゲイン》の「自分のクリーチャーを1体破壊〜バトルゾーンに出す。」を解決する。
  2. 《悪魔神デスモナーク》(以下《デスモナーク》)の「このクリーチャーが破壊された時、〜バトルゾーンに出してもよい。」を解決する。

この時、《フォース・アゲイン》の解決中に、《デスモナーク》のpigは解決できない。よって「《デスモナーク》の能力リアニメイトしたデーモン・コマンドの上に《デスモナーク》を進化させる」というプレイングはできない。

なお、《甲型龍帝式 キリコ3》《聖霊左神ジャスティス》は「呪文唱える」という能力なので、能力の解決中でも呪文唱えることができる。「プレイ」の項も参照。

またS・トリガーS・バック解決は、呪文には割り込まないが、トリガー能力には割り込む。(《ジェスター・ブレイン》《音感の精霊龍 エメラルーダ》の関係性がこれに該当する)


3.常在型能力の適用は、能力の解決に先んじて行う
例えば、《希望の親衛隊ファンク》パワー低下常在型能力なので、《希望の親衛隊ファンク》バトルゾーンにある限り、常に効果を生み出し続ける。

この時にパワー1000の《青銅の鎧》を出すと、即パワーが0になって破壊される。ただし、その後でcipを解決するので、マナブーストはできる。


4.クリーチャー誘発条件が共通する複数のトリガー能力を持つ場合、それらは好きな順番で解決できる

例)《時空の邪眼ロマノフZ》は以下の2つの能力を持つ。

自分のターンのはじめに、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。
覚醒−自分のターンのはじめに、自分の墓地に呪文が10枚以上あれば、墓地のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。その後、このクリーチャーをコストの大きいほうに裏返す。

これらはそれぞれ独立した能力なので、プレイヤーが好きな順番で解決してもよい。


5.単一の能力が複数の効果をもたらす場合、順番を選ぶことはできず、上から実行しなければならない
例)《常勝ディス・オプティマス》は以下の能力を持つ。

「スペース・チャージ:光/水
SC―光:呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。
SC―水:自分のシールドを1枚、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。その後、自分の手札を1枚裏向きにして、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。

《時空の邪眼ロマノフZ》の場合とは異なり、スペース・チャージはこれで一つの能力である。よって、書かれている通りに上から実行しなければならない。

能力が独立しているかどうかは、「■」で区切られているかどうかを見れば判別できる。


6.呪文が呪文能力を複数持つ場合、上から順番に解決しなければならない
例)《ガンヴィート・ブラスター》唱える場合。

呪文能力は書かれている通りに上から実行するため、「相手のクリーチャーを1体破壊する。」→「相手は自身の手札を2枚選んで捨てる。」の順番で実行する。

クリーチャー能力とは異なり、呪文能力が「■」で区切られていたとしても、必ず書かれている順番で解決する。混同しないように注意。
特に《超次元ホワイトグリーン・ホール》《勝利のプリンプリン》を出した際の処理でこのルールが重要となった。


7. 呪文の解決中に呪文が唱えられた場合、最後に唱えられたものから実行する

《ポジトロン・サイン》等、呪文(仮にAとする)で呪文(仮にBとする)を踏み倒す場合、Aの解決中にBも解決することになる。Bを唱えている最中は、AもBも墓地ではなくどこでもないゾーンに位置している。その後、Bの方から実行されて、B→Aの順番で墓地に置かれる。
3枚以上連鎖する場合も同様で、A→B→C→……→Xと踏み倒していった場合は、後ろから順にX→……→C→B→Aの順で墓地に置かれる。墓地以外に置換されて移動する場合は、本来墓地に置かれるはずだったタイミングで置換先に置かれる。

例:《龍素知新》墓地にある《目的不明の作戦》Aを唱え、そのAで《ラッキー・ダーツ》を唱え、シールドにあった《目的不明の作戦》Bを唱える。次にBによって《ポジトロン・サイン》を唱え、山札にあった《目的不明の作戦》Cを唱える。最後にCで墓地にある《ロスト・ソウル》を唱えた。この場合、すべての解決が終わった後の処理は以下のとおりである。

  1. 《ロスト・ソウル》を山札の下に置く(《目的不明》Cの影響)。
  2. 《目的不明》Cを墓地に置く。
  3. 《ポジトロン・サイン》を山札の下に置く(《目的不明》Bの影響)
  4. 《目的不明》Bを墓地に置く。
  5. 《ラッキー・ダーツ》を山札の下に置く(《目的不明》Aの影響)。
  6. 《目的不明》Aを山札の下に置く(《龍素知新》の影響)。
  7. 《龍素知新》を墓地に置く。

Magic:The Gatheringとは処理が異なるので注意。MtGでは呪文の解決に他の呪文を唱えることはできても他の呪文を解決することはできないため、呪文Aの解決中に呪文Bを唱えられた場合はまず呪文Aの解決を完了させてから呪文Bの解決を行う。


その他

  • ゲームを始めたばかりの初心者にはやや理解しにくい事項のため、ルールブックなどでは詳細には解説されていないが、これを知っておかないとゲームにならないほどに重要な事項である。
  • 解決の順序によっては結果がまるで異なることもあるので、注意が必要。特に複雑なコンボの場合、解決順を間違えるとコンボが成立しなくなり、命取りとなる場合もある。

参考


Last-modified: 2018-08-10 (金) 22:34:02