回収

手札山札以外にあるカードを、プレイできるよう手札に加えること。また、その効果を生成する能力のこと。

主に以下の種類がある

回収は、スペースの圧縮やループギミックなどに有効で、相手による除去ハンデスランデスからの立て直しにも用いられる。逆に、相手の妨害には、相手が回収困難なゾーンへカードを移動させることが重要。

もっとも回収が困難なのがシールドゾーンのカードである。一応《エメラル》などで回収できるが、それを目当てに投入するといざというとき腐る可能性がある。当然、その手のカードがない場合は相手がシールドブレイクしてくれるのを待つしかない。自分で埋めた場合はともかく、相手に埋められた場合は中身がばれているため回収は絶望的。
次いで難しいのが山札の一番下である。タイミングが合えば《クリスタル・メモリー》などサーチカードで回収できるが、それらのカードがない限り回収することはほぼ不可能である。

回収できるカードに条件がついているものは、軽いか、複数のカードを移動できるものが多い。

墓地マナゾーンのパターンは、軽いか、複数のカードを移動できる場合が多い。(《恵みの化身》等)
マナゾーン手札は、マナアドバンテージを失うため、デメリットとして付与されることも多い。低コストで大量に回収できるカードもある。(《ミスティック・クリエーション》等)
自然は直接的な墓地回収が少ないので、墓地→マナゾーン手札という二重の回収がよく用いられる。【化身コン】等、ループに利用したデッキもある。

回収の目的は"プレイ可能な状態にすること"であり、バトルゾーンにあるクリーチャーやクロスギアはプレイされた結果そこにあるのでそれらを手札に戻す意味は普通はなく、回収に含むことは少ない。しかし、cip能力持ちで、その能力を再利用したい場合には、再度プレイできるようにすることが目的となるので回収に含めることが多い。

墓地にあるクリーチャー・カードをバトルゾーンに出すことは「リアニメイト」と呼ばれ区別される。

参考


Last-modified: 2018-07-08 (日) 22:01:33