革命編(かくめいへん)環境(かんきょう)

BEFORE⇒ドラゴン・サーガ環境


メタゲーム

デュエマ・スタートデッキ期

革命編最初の構築済みデッキであるDMD21DMD22DMD23が発売されたことで革命編環境がスタート。

ドラゴン・サーガ環境に引き続き【モルト NEXT】【イメンループ】【ヘブンズ・ゲート】等のデッキが大会を飾る中、DMD22で追加された《夢幻騎士 ダースレイン》の登場でかの【墓地ソース】を彷彿とさせる【ダースレインビート】が誕生。

DMR-17発売前に革命編最初の殿堂入りが発表。《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》《魔天降臨》《ヒラメキ・プログラム》《暴龍警報》が新規に殿堂入り
既存のデッキにおいては【イメンループ】【ヘブンズ・ゲート】【黒単ヘルボロフ】に影響を与えたものの、依然として環境に残る。

DMR-17

新たな能力、侵略革命が登場。
革命はシールドへの高い依存から環境に定着せず、一方の侵略はその使いやすさから様々なデッキに投入された。
特にレジェンドカード《轟く侵略 レッドゾーン》は各種超次元呪文で呼び出せる《勝利のガイアール・カイザー》と抜群の相性を誇った。
色が合わずとも《勝利のガイアール・カイザー》が入るデッキならば投入を検討でき、【ドロマー超次元】にタッチで《轟く侵略 レッドゾーン》を投入した形まで出現した。
【赤単速攻】《音速 ガトリング》を得て3ターンキルのルートが増加した(>【赤単ガトリング】)。

侵略革命以外のカードでは、強力なマナ拘束効果を持つ《メガ・マナロック・ドラゴン》が登場。
発売からすぐ【フェアリー・ギフト】系統のデッキ【モルト NEXT】デッキに投入され、特に多色デッキに対して猛威をふるった。

またS・トリガーも大幅に強化がなされ《デーモン・ハンド》を内蔵した《凶殺皇 デス・ハンズ》、火力の上がった《地獄スクラッパー》を内蔵した《破壊者 シュトルム》が登場。

運次第ではあるが場にクリーチャーを3体展開できる《ガチャンコ ガチロボ》も注目された。
《ガチャンコ ガチロボ》自身が6コストであることから6コストでスピードアタッカーを付与出来る《紅神龍ジャガルザー》《ムラマサ・リザード》など過去のカードが日の目を見ることとなった。

そんな中、大型大会の「デュエル・マスターズグランプリ1st」が初開催され、優勝は【イメンループ】、準優勝は《光霊姫アレフティナ》を採用した【天門ループ】となった。

元プレイヤーの復帰を狙った昔なつかしのカードが収録されたマスターズ・クロニクル・デッキが発売。
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《邪眼皇ロマノフI世》サバイバーのデッキが登場した。中でも復活した【ロマノフサイン】は大会で結果を残した。

DMR-18

侵略側の《超獣軍隊 ベアフガン》は3ターンキルが可能なデッキということで多くのプレイヤーに注目され、発売後すぐにCSで結果を残した。
その他、水は除去耐性を持つ《超奇天烈 マスターG》、火は破壊耐性を得た《超轟速 マッハ55》、闇は自軍が破壊される度に相手を破壊し墓地回収を行う《超復讐 ギャロウィン》が追加された。

一方革命側はレジェンドカードである《魔の革命 デス・ザ・ロスト》が革命限定環境で結果を残した。
シールドを減らすカードが増え、《革命魔王 キラー・ザ・キル》と組み合わせることによって手札と場のいずれにも干渉できるようになったことが一因とされる。《暗黒鎧 ヴェイダー》の追加もまた大きいだろう。

それ以外のカードとしては《デス・ハンズ》、《シュトルム》に続く強力S・トリガー《閃光の守護者ホーリー》プレミアム殿堂である《アクア・パトロール》の調整版である《アクア警備員 ラスト》が注目された。

DMX-21にて登場した《目的不明の作戦》により【天門ループ】が強化され、新たなデッキタイプとして【マークロループ】が成立した。

その後DMD-27にて、シールド焼却能力を持つ《熱き侵略 レッドゾーンZ》と、新たな4コストスピードアタッカーソニック・コマンドである《轟速 ザ・ゼット》が登場したことで、【赤単レッドゾーン】が再び活躍する。自分のターン限定とは言え、相手のコスト踏み倒しを一切封じる《単騎連射 マグナム》も注目された。
一方で対となるDMD-28【白単連鎖】【九極侵略】という新たなデッキタイプを確立したものの、再録カードの地味さも相まって環境入りとはならなかった。

環境は全体的に【速攻】デッキが多く、プレミアム殿堂から殿堂入りに緩和された《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》メタゲームを荒らすような事は無かった。

DMR-19

エキスパンション発売前の12月15日に殿堂入りカードが更新。新カードタイプである禁断の鼓動《禁断〜封印されしX〜》と、禁断クリーチャーである《伝説の禁断 ドキンダムX》が一足早くその全貌を明らかにした。

発売直後のチャンピオンシップやデュエルマ☆スターカップの結果は、【赤単レッドゾーン】【モルト NEXT】《伝説の禁断 ドキンダムX》を投入したデッキがほぼ独占。特に【赤単レッドゾーン】コマンドが多い【速攻】デッキな為、禁断解放する頃には相手のシールドが0枚ということがザラであり、除去されれば負けるデメリットが無いに等しいという相性の良さが大きかった。この結果を受け、登場前における《伝説の禁断 ドキンダムX》の評価が大きく覆された。

また、侵略者からは上位能力であるS級侵略を持ったS級侵略者が新登場。
相手の山札を確実に削れる《S級宇宙 アダムスキー》【アダムスキーライブラリアウト】《勝利のガイアール・カイザー》との相性が良い《S級不死 デッドゾーン》【超次元デッドゾーン】《S級原始 サンマッド》《龍覇 グレンモルト》を組み合わせた【サンマッドモルト】がそれぞれ結果を残している。

一方で革命軍も、初のクリーチャー革命0トリガーである《ボルシャック・ドギラゴン》《ヘブンズ・ゲート》から間接的にのコスト7ドラグナーを踏み倒せる《歴戦の精霊龍 カイザルバーラ》、強力な踏み倒し能力を持ち自身も革命2で1マナで出せる《革命目 ギョギョウ》が登場。特に、《ボルシャック・ドギラゴン》【赤単レッドゾーン】【準赤単】において《革命の鉄拳》と比べて《伝説の禁断 ドキンダムX》封印を外したり、進化元クリーチャーcipを使うことができるので、革命軍だけではなくドラグナー侵略者とも相性が良く、種族の枠を超えて活躍した。

そんな中、2016年2月1日付で《炎槍と水剣の裁》《ディープ・オペレーション》《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《パシフィック・チャンピオン》《予言者ローラン》《龍神ヘヴィ》《アクア・ハルカス》が無制限。《凶星王ダーク・ヒドラ》殿堂入りに緩和された。
さらに、2016年2月28日付で《転生プログラム》《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》プレミアム殿堂カードに、《無双恐皇ガラムタ》《奇跡の精霊ミルザム》《極・魔壊王 デスゴロス》殿堂入りに指定。環境トップであった【イメンループ】【天門ループ】【黒単ドラグナー】にそれぞれ影響を与えた。
その殿堂入り施行と同日にデュエルマ☆スターカップ全国大会決勝が行われ、【白青ヘブンズ・ゲート】が優勝、【青黒】緑デッドゾーンが準優勝となった。【ヘブンズ・ゲート】ループを主軸にせずとも地力を示した形となった。

DMR-20

コントロールビートダウンを同時にこなせる【超次元デッドゾーン】が環境トップへ進出。

レジェンドカードであり、2枚目となる革命0トリガークリーチャーである《ミラクル・ミラダンテ》【ヘブンズ・ゲート】【サザン・ルネッサンス】を環境上位に押し上げてくれた。前者は《奇跡の精霊ミルザム》殿堂入りしたことで白単寄りの構築に変化したこと、後者はフルクリーチャーよりの構築と《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》ドロー能力との相性が良かったことが大きい。
初の多色侵略者である《禁断の轟速 レッドゾーンX》は、手札だけでなく墓地からもS級侵略ができるため、《超音速 ターボ3》《禁断〜封印されしX〜》封印解除による墓地肥やしとの相性の良さが注目されている。
さらに、ファイアー・バードを最大で5体踏み倒す《キャプテン・ドラッケン》の登場により【連鳥】が大幅に強化された。同時に《キャプテン・ドラッケン》と相性の良い《ボルコフ・紫苑》《G・アイニー》といった一昔前のカードが突如として脚光を浴びることとなった。
一方で、レジェンドカードでありエクストラウィン能力を持つ《伝説の正体 ギュウジン丸》だが、限りなく青単に近いデッキにしなければ召喚コストを支払えない上、仮に召喚が成功しても相手のバトルゾーンクリーチャーが6体以上居なければエクストラウィンの条件は満たせない為か、活躍はしていない。

同年2月の殿堂入り発表により《鎧亜戦隊ディス・マジシャン》プレミアム殿堂《無双恐皇ガラムタ》殿堂入りして【イメンループ】は一時期消滅したかに見えたが、自身をマナ送りできる《S級原始 サンマッド》《アクア忍者 ライヤ》ループが注目され、再び環境へ舞い戻った。《S級原始 サンマッド》の活躍は留まることを知らず、《革命目 ギョギョウ》の防御力と組み合わせたコントロール型の【緑単サソリス】を生み出した。《邪帝遺跡 ボアロパゴス》は、《龍覇 イメン=ブーゴ》無しでも十分にループされることが証明された。
《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》殿堂入りした【黒単ドラグナー】も、展開力こそ半減したがその堅実さが変わることはなく、やはり環境上位に君臨し続けている。

NEXT⇒革命ファイナル環境


主流デッキ(通常環境)

新戦力カード

既存の有力カード


参考