基本(きほん)セット環境(かんきょう)

メタゲーム

DM-01 第1弾DM-03 第3弾「超戦士襲撃(マスター・オブ・デストラクション)」

カードプールが狭く、デッキ構築のノウハウなどもまだ確立せず、地域や個人によりデッキはさまざまであった。

一応、除去S・トリガーブロッカーマナブーストなど、ゲームの根幹を成す要素は一通り揃ってはいたが、複雑なテキストカードはなく、バニラ準バニラによる殴り合いが中心だった。

ドローソースブロックされないクリーチャーのある文明は他を圧倒し、中級者以上のプレイヤーは好んで使用した。DM-03で《ストリーミング・シェイパー》《アングラー・クラスター》が登場すると、それは決定的になっていった。

文明は漫画の影響で人気だったが、強いデッキは【赤単ヴァルボーグ】ぐらいであった。

DM-02の進化クリーチャーはこの環境で飛びぬけて強く、持つか否かがプレイヤーの強さに直結した。特に《クリスタル・ランサー》アンコモンで入手もし易く、強力進化の定番であった。

また、この時期の「ドラゴン」(=アーマード・ドラゴン)は《ボルシャック・ドラゴン》《ボルテール・ドラゴン》などの準バニラであり、今や考えられないが、弱さの代名詞、ジャンクデッキの申し子であった。

DM-01の段階で三大S・トリガー《デーモン・ハンド》《ホーリー・スパーク》《ナチュラル・トラップ》は登場していたが、120枚セットのレアだったため当時は高価だった。

DM-04 第4弾「闇騎士団の逆襲(チャレンジ・オブ・ブラックシャドウ)」DM-05 第5弾「漂流大陸の末裔(リターン・オブ・ザ・サバイバー)」

DM-04で凶悪な手札補充進化クリーチャー《アストラル・リーフ》が登場し、環境【リーフ青単】一色に染まる。
DM-04で登場した1マナのサイバー・ウイルス《マリン・フラワー》や、元からあった《サイバー・ブレイン》《ストリーミング・シェイパー》など水の強力ドローソースもその原因。

環境が【リーフ青単】一色に染まってすぐ、そこに自然マナブーストを備えた【トリガーターボ】も浸透。強力S・トリガー《デーモン・ハンド》《ホーリー・スパーク》タッチで搭載することも可能であり、《アストラル・リーフ》は強さに磨きをかけていった。

一方、後に環境キーカードになる《アクアン》もDM-04に収録される。当時のリーフデッキに強さで及ばないが、【白青コントロール】青黒もよく使われた。

またサバイバーもDM-05で登場したが、サバイバーデッキの要は闘魂編で登場するため、まだファンデッキ止まり。

NEXT⇒闘魂編環境


当時の主流デッキ

主なカード


参考