逆フュリー・チャージ

月刊コロコロコミック2017年3月号付録で初登場した「このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤー攻撃できる。」という能力の俗称。
スピードアタッカーではないが、相手プレイヤー攻撃する場合のみ、召喚酔いを無視して攻撃ができる。

《Tatsurion》能力であるフュリー・チャージとよく似ており、攻撃可能な対象が「タップしているクリーチャー」と「相手プレイヤー」とで異なるため、このような俗称が付けられた。

ジョニー・ザ・ビギニング P 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 5000
マスター・ブレイカー(このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する)
このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。

現時点では、《ジョニー・ザ・ビギニング》《超特Q ダンガンオー》《チョートッQ》など、一部のジョーカーズが持つ。調整版スピードアタッカーとして設計されている節が見受けられる。

  • ややこしい表記ゆえに、始めたばかりの初心者を中心に能力の意味を誤解されやすい。トラブルを避けるためにも、能力の本来の意味をしっかりと対戦相手に説明できるようにしておきたい。
  • 登場順序が原因で仕方がない面もあるが、現状としては「逆マッハファイター」と表記したほうが誤解も減るだろう。

類似カード

相手プレイヤークリーチャーその他
(普通のクリーチャーがバトルゾーンに出たターン)攻撃できない攻撃できないルールによって召喚酔いしないクリーチャーはどちらも攻撃できる
スピードアタッカーがバトルゾーンに出たターン攻撃できる攻撃できる
マッハファイターがバトルゾーンに出たターン攻撃できない攻撃できる出たターンのみアンタップクリーチャーも攻撃目標に選ぶことができる
出た次以降のターンはアンタップクリーチャーは攻撃目標に選べない
フュリー・チャージがバトルゾーンに出たターン攻撃できない攻撃できるアンタップクリーチャーは攻撃目標に選べない
逆フュリー・チャージがバトルゾーンに出たターン攻撃できる攻撃できない

逆フュリー・チャージを持つクリーチャー

参考