究極進化MAX(きゅうきょくしんかマックス)

DM-35で登場したキーワード能力

バトルゾーンに存在する究極進化クリーチャーからのみ進化できる。

カード上では、カード左側にある進化アイコンの白黒が反転(ここまでは究極進化と同じ仕様)、さらにアイコンを囲んでいるラインが二重線になっている。

超神羅ロマノフカイザー・NEX SR 火文明 (7)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ルナーズ・サンガイザー 25000
究極進化MAX−自分の究極進化クリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のクリーチャーを2体破壊する。その後、カードを2枚相手のマナゾーンから選び、持ち主の墓地に置く。
ワールド・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札を見る。その中からアーマード・ドラゴンまたは名前に《ロマノフ》とあるクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

DM-35では《超神羅ロマノフカイザー・NEX》など、種族ルナーズ・サンガイザーを持つクリーチャーが有する。
冠詞は「超神羅」で、命名が不規則なNEX以外は名前にギャラクシーを含む。

究極進化MAXを使うには、通常クリーチャー進化クリーチャー究極進化クリーチャー→これ、という手順を踏まならず、最低でも3体のクリーチャーは必要になる。
進化クリーチャーを2体用意しなければならないため、デッキ構築や実際にバトルゾーンに出す難易度は高い。

同じく3体のクリーチャーが必要な進化条件には進化GVが存在するが、あちらよりもはるかにオーバーキル進化条件である。

少なくとも「あらゆるデッキに投入を検討できる」類のものではないため、その規格外のスペックを生かす為には、除去対策や進化プロセスの効率化を極限まで突き詰めた専用デッキの構築が求められるだろう。

  • 一応これも究極進化であるので、さらに究極進化MAXを重ねることもできる。
  • 究極進化MAXを持つクリーチャーが出るのに必要なカードの枚数を考えてみると、下から順に進化元進化クリーチャー究極進化クリーチャーと最低でも3枚必要になることがわかる(特殊な場合を除く)。究極進化以前の最上級の進化である進化GVも進化元は3体であり、制作側の進化に関するボーダーライン設定が見て取れる。

究極進化MAXを持つカード

参考


Last-modified: 2018-12-11 (火) 13:09:48