禁断文字

月刊コロコロコミック2015年9月号で登場した、謎の文字。

月刊コロコロコミック2015年10月号の付録である《禁断》プロモーション・カード版での使用言語として実際にテキストで使われた

その実態は、アルファベットの換字式暗号であり、解読すると英語として出力される。イメージとしては「ポケットモンスター」で登場する28もの種類があるポケモン「アンノーン」に近い。

実際には「アンノーン」よりも文字の種類は多いようで、数字や記号に対応する禁断文字も存在しているようである。

  • なんと禁断文字版でも実際の公式試合で使用が許されるという裁定が出されている。が、実際の試合で混乱が生じることは容易に想像がつくため、使用する場合は使用者としての責任として最低限本来の日本語テキストを確認できるものを別途用意すべきとされている。また、混乱を防ぐために《カモン・ビクトリー》同様、チャンピオンシップなどの大規模大会では主催者権限で使用が禁止されることは想像に難くない。
    • 公式大会ではアナウンス通り使用が禁止されることはないため、実戦向けである《禁断〜封印されしX〜》/《伝説の禁断 ドキンダムX》禁断文字版であるシークレットカード版を使用するプレイヤーが比較的高頻度で出現した。公認グランプリでも同様の傾向が見受けられるものと思われる。
    • 2015年全国大会「デュエルマ☆スターカップ」中部エリア(東海エリア)代表戦でのテキストカバレージを担当した、主任Kこと川崎大輔氏によると最も印象的だったプレイヤー間でのセリフが


      うちの大学は禁断文字、必修だよ


      だったとのこと。転写さえできればまんざら嘘とは言えない点も、実に小憎らしい。
    • ちなみにこのセリフ自体は別のプレイヤーが言い出したもの。一部DM界隈で「手のひら禁断解放」と同様に流行語のように使われており、それがカバレージによって世に広められただけである。
  • 「非日本語版のデュエル・マスターズTCGカードなのだから、禁断文字版は使用禁止カードに抵触するのではないか」と指摘する声は意外にも多い。しかし、ここでいう「日本語版」に該当するか否かは、「日本でリリースされたか否か」で判断されている。禁断文字版は元となった日本語版テキストと同じ能力を持つという裁定が出されているため、問題なく「日本語版」として認識されている。逆に禁断文字版を海外で使用することはできない。そう考えれば、納得できるプレイヤーも増えることだろう。したがって「日本語版」とするより、「日本発行版」としたほうが語弊が無かったかもしれない。
    • 余談だが、ナンバーがP1〜P5/Y0である《ギガベロス》《ドラグライド》《黄昏の守護者シーブス・キーン》《暴走するロング・ホーン》《トロピコ》は日本語で書かれているが、その実態は北米でリリースされたプロモーション・カードである。つまり、日本語版以外のデュエル・マスターズTCGに該当するため、国内の大会では使えず、あくまで(もはや開催されてないだろうが)北米の大会でのみ使用できる。それとはまるっきり正反対の現象が禁断文字版に発生してると考えればいい。
    • あまりのややこしさ故か、2016年2月28日以降の殿堂レギュレーション告知ポスターでは「使用禁止カード」欄に「日本語版、禁断文字以外の(略)」とついに明記されることになる。ちなみに公式ホームページや競技運営ルールでは言及されていない。
  • 「AGE 10+」を対象とした日本人向けゲームに英語が積極的に使われるのは不適当ではないかと思えなくもない。デュエマを遊ぶプレイヤーの層が高年齢化していることの一種の表れと捉えられなくもないだろう。
  • 一方で、この禁断文字のテキストは「Wizards of the Coast」で開発された原文そのままであるとも考えられ、原本に触れられる貴重なテキストだとも解釈できる。英語版のデュエル・マスターズである「Kaijudo(怪獣道)」に造詣が深い人間であれば解釈もやりやすいことだろう。
  • メーカーが禁断文字をプロモーションに積極的に取り入れている理由としては、宣伝したいカードをある程度能力が不詳な状態を保ったまま長期間プロモーションを継続できる点が挙げられる。
  • ただし完全に読めないわけではなく、「読み解こうと努力すれば」いくらでも容易に解読できる仕様になっている。ゆえに
    「実際に解読した者」ないしは「それを伝聞で聞いた者」

    「そこまでして解読する気がない者」ないしは「そもそも解読できる代物だと気づかない者」
    との間に「情報格差」が生じることになり、情報誌としての妥当性には疑問が残る。ましてや小学生向けともなればなおさら。
  • 解釈する上で気をつけなければならないのは、「you」は「相手」ではなく「自分」のことを指しているという点。対戦相手を英語で言う場合は「your opponent」と表現する。他には「he」と出てきた場合は直前に出てきた「a player」や「your opponent」等を指していることが多い。

禁断文字で書かれたテキスト転写一覧

  • 「AGE 10+」のゲームであることを重視し、義務教育卒業レベルの英語力を前提に解説を加える。そのため、カードの能力の解説というより、英文法・英単語講座としての意味合いが強い。読者の中には冗長に感じる方もいらっしゃるかもしれないが、そこはご容赦願いたい。禁断文字へのご理解の一助となれば幸いである。なお、筆者は英語に関しては手慰みに習った程度であり、必要に応じて、加筆・修正・削除等があると大変ありがたい。
  • 禁断文字はWizards of the Coastの著作物であり、公式的にフォントが一般公開されているわけではないので、どうしてもアルファベットに転写して表記せざるを得ない。禁断文字には大文字・小文字の概念はないが、転写の際には適宜大文字にする。

KNDN VR Fire (9)禁断 VR 火文明 (9)
Creature: (no tribe) 9999クリーチャー:(種族なし) 9999
Creatures can't attack.クリーチャーは攻撃できない。
Seals can't be removed from creatures.クリーチャーの封印を外せない。

FT: The world will come to end when the forbidden seal becomes unlocked.*1

  • 「seal」…「封印」の意。我々がよく日常で「デコレーションシール」等と使うあの「シール」のことである。封筒に封をする際、シールを貼ることがあるが、あのイメージが最も分かりやすいことだろう。
  • 2つ目の文章は受動態となっているが、意味は日本語訳と全く同じ。英語圏の人々にとっては「Seals」が主語になったほうが理解しやすいというだけの話である。
  • 「A be removed from B」で「BからAを取り除く」という意味になる。日本語としては主語と補語(あえて言うなら「by everyone」)を逆転させ「Seals」を目的語として訳したほうが、自然な日本語訳となる。
  • ここでの「becomes」はbe動詞とほぼ同じ役割を果たしている。接続詞節が未来形になっていない点は文法的にはむしろ正しい。

KNDN〜SEALED X〜 XLGND Fire (no cost)禁断〜封印されしX〜 FLC 火文明 (コスト無し)
KNDN Pulse禁断の鼓動
This pulse starts the game in the battle zone with 6 seals on it.この鼓動は、ゲーム開始時、封印を6つ付けてバトルゾーンに置く。
This pulse can't leave the battle zone.この鼓動はバトルゾーンを離れない。
Unsealing - When this pulse has no seals on it, flip it to its creature side.禁断解放―この鼓動の封印がすべてなくなった時、クリーチャー側に裏返す。
Whenever a player puts a command into the battle zone, he puts seal from one of his cards into graveyard.(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く。コマンドがバトルゾーンに出た時、その持ち主はそのコマンドと同じ文明を持つ自身のカードから封印をひとつ、墓地に置く。クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する)
  • マナコストが定義されていない。その代わりに、四隅に斜めに入った空白部があり、禁断文字でそれぞれ「S」「E」「A」「L」と記されている。
  • 「it」「its」はすべて「this pulse」を指している。
  • 「flip A to B」で「AをB(の面)にひっくり返す」という意味になる。
  • 「pulse」…ここでは「鼓動」の意。よく「パルス波」という言い方がなされるが、弱い脈拍が断続的、かつ周期的に起こるさまを表す。
  • 「unsealing」…直訳は「開封」「開栓」など。後述の「evolution」等での活用のされ方を考慮するとこれは能力語であり、「禁断解放」を指している可能性が高い。
  • 「whenever」は「〜するときはいつでも...」という意味の接続詞。
  • 「graveyard」…「墓地」の意。
  • 「from ... into〜」で「...から〜へと」という対象の移動を意味している。
  • 「a player」とあるため、どちらのプレイヤーがコマンドを出しても封印が外されるように思うかもしれないが、あくまで対象は「one of his cards」であり、コマンドを出したプレイヤーの封印のみが対象となる。したがって、「you」が主語となるような文でも意味するところは全く変わらない。「a player」と表記されることで「一般論として」というニュアンスが強くなっているだけである。
  • 最後の英文だけは実際のカードに掲載するスペースがなく、コロコロコミック10月号付録のポスターに記載されているだけである。能力の性質を考えると、《時空の銃姫エイプリル》等で記載されている、サイキック・クリーチャーの性質を記述した注釈文のような扱いだと考えるのが最も妥当だろう。
    • この英文だけでは実際にカードに書かれた日本語文通りの解釈をするには少々無理がある。

KNDN LEGEND DKDMX XLGND Fire (99)伝説の禁断 ドキンダムX FLC 火文明 (99)
KNDN Creature: (no tribe) 99999禁断クリーチャー:(種族なし) 99999
Triple BreakerT・ブレイカー
When this card is flipped to this creature side, your opponent puts a seal on each of his creatures.このクリーチャーが禁断解放した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印をひとつ付ける。
Whenever a spell that costs 4 or less would cause your opponent to choose a creature, he can't choose this one.コスト4以下の呪文によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。
If this card is anywhere other than the battle zone, you lose the game.このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。
  • 「that」は関係代名詞で、直前の「a spell」を修飾している。直訳すると「N以下のマナコストを要求する呪文」となる。
  • 「cause A to do」で「Aに〜させる」という意味になる。一般的には「cause」よりも「make」を用いた構文のほうが有名。直訳すると「(前略)呪文が、対戦相手にクリーチャーを選択させるときは必ず〜」となる。
  • ここでの「one」は代名詞。直前の「creature」をそのまま反復して表記することを避けた表現である。
  • 「anywhere」は「どこにでも」という意味。
  • 「other than」はここでは「〜以外」という意味で、例外を表す。用法としては「except」に近い。

超轟速 レッド・エンド P 火文明 (5)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 6000
Evolution - Put on one of your fire creatures.進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
Invasion - Fire command侵略―火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
Double BreakerW・ブレイカー
When this creature is destroyed, you may put one of the cards that was under it from your graveyard into the battle zone.このクリーチャーが破壊された時、その下に重ねてあったカードを1枚、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
  • アニメ「VSR」でのみ登場したテキストである。今後リリースされるかについては明らかにされていない。
  • 「evolution」…「進化」の意。
  • 「invasion」…「侵略」の意。
  • 「destroy」…「破壊する」という動詞。
  • 「may」…ここでいう「may」は許可を意味し、能力が任意であることを指している。
  • 「that」は関係代名詞で、直前の「one of the cards」を修飾している。「it」は「this creature」を指す。

DEMON HAND R Darkness (6)デーモン・ハンド R 闇文明 (6)
Spell呪文
ST (When this spell is put into your hand from your shield zone, you may cast it for no cost.)S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
Destroy one of your opponent's creatures.相手のクリーチャーを1体破壊する。
  • 初めて禁断文字の「(」と「)」が公開された。
  • 「cast」は対象に呪いをかけるという意味。転じて呪文を唱えるという意味になる。MTGでも頻出する。
  • ここでの「for」は「it(=this spell)」を使う際の代償を指している。たとえば「I bought this card for 200 yen.」だと「私は200円でこのカードを買った」という意味になる。それが「no cost」なので「コストを支払わず」と訳すことになる。

なお、禁断文字版のカードでは、しばしば単語の簡略化もしくは置換が見受けられる。

具体的な例としては、《デーモン・ハンド》効果テキストにおける「ST」が顕著である。
括弧内の説明文やアイコンの表記、およびカード自体がメジャーであるため、これが「S・トリガー」の略であることは想像に難しくないが、あまり親切な表記ではない。
おそらくこれは、「禁断文字1文字」のサイズが「全角文字1文字」分に相当するためにとられた処置であると思われる。
というのも、通常のように「S・トリガー」と表記した場合は6文字で済むのが、英字の「Shield Trigger」だと14文字(スペース含む)になり、以降の注釈文まで合わせるとテキストが冗長になってしまうのである。

ただし、これはあくまで一文あたりの文字数削減の為の処置のようで、長くなっても一行で済むような場合はそのままの表記である。
例えば「T・ブレイカー」は「Triple Breaker」と(日本語版以上に)正確に表記してある。

2016年3月の段階で登場した禁断文字版カードはすべて日本語版が存在しているため、簡略化・置換された単語は元のカードと照らし合わせることで元の単語を導き出すことができる。

以下は特に顕著な簡略化・置換された単語を記す。

禁断文字対応する単語参照
KNDN禁断 (Kindan/Forbidden)《禁断》
DKDMドキンダム (Dokindam)《伝説の禁断 ドキンダムX》
Unsealing禁断解放 (Forbidden Liberation)《禁断〜封印されしX〜》
STS・トリガー (Shield Trigger)《デーモン・ハンド》
KNDA禁断機関 (Forbidden Engine)《禁断機関 VV-8》
Forbidden Riser禁断機動 (Forbidden Mechanism)

参考


*1 意訳:禁断の封印が解かれる時、世界は終焉を迎えよう。

Last-modified: 2018-09-01 (土) 21:33:27