銀枠

カードの周りの枠が黒ではなく銀色になっていること。
または、そのようなカード。

各種スーパーデッキMIRACLEカードにおいて採用される。
特にスーパーデッキ・ゼロで採用されてからは、スーパーデッキシリーズの定番仕様となっている。

ほとんどのカードがフォイルとなっており見た目が非常に派手だが、通常の黒枠カードと混ぜてデッキに入れると統一感に欠けることから、敬遠する人も少なからずいいる。

銀枠のカードをどの程度使うかはプレイヤー個人の問題なので、財布と相談しながら自由に決めればいいだろう。

  • スーパーデッキで採用されたのは、見た目の豪華さとともに、既存のカードの価値を大きく損ねないようにするための配慮という意味合いもあるのだろう。現に、銀枠仕様のカードはシングルカード市場では比較的安価で取引されている。
  • 銀枠のカードは表面が銀一色のカードの上に、透明なカードシールを張り付けるという工程で製造されている。なので、スリーブをつけない状態で使用していると、通常のカードとは違ってそのシール部分が容易に剥がれてくる。その状態になるとデッキのシャッフルすら難しくなるので、扱いには気を付けるべきである。
  • もともと銀枠しか存在していないカードが黒枠で再録されると人気が集中しやすい。一時的にシングル価格が割高になるケースもあり、すこし様子を見ると結果的に得をすることもある。
  • 銀枠のカードの枠を黒で着色し、通常版と偽って販売する悪質な商法も存在するため、通信販売などでは注意。エキスパンションのマークやフレーバーテキストを注視すれば見分けることはできる。

銀枠のカードの例

参考


Last-modified: 2018-09-04 (火) 18:23:51