光臨(こうりん)

DMR-09で登場した能力語
自分のターンの終わりにこの能力を持つクリーチャータップ状態であれば、特定の種族マナコストを持つクリーチャーを特定の場所からバトルゾーンに出すことができる。

神来のイザナイ 日蓮 UC 無色 (5)
クリーチャー:オラクル 4000
光臨−自分のターンの終わりに、このクリーチャーがタップされていれば、自分の山札を見る。その中からコスト7以下のゴッドを1体、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

コスト踏み倒しの例に漏れず、この能力も強力な部類に入る。ターン終了時にこの能力を持つクリーチャータップされていれば、決められた条件を満たすクリーチャーコスト踏み倒しできる。

光臨持ちをタップするのには、普通に攻撃すればよい。相手にS・トリガーS・バックを使われるリスクはあるものの、大型を出せるリターンを考えると、条件としては妥当。

安全にタップしたければ、タップされているクリーチャー攻撃するか、《ドンドン打つべしナウ》《転々のサトリ ラシャ》を使うとよい。

また、光臨持ちは素早くバトルゾーンに出すことが重要。定番のマナブーストを使うか、《フェアリー・ギフト》コスト軽減するという手がある。

《時空の戦猫シンカイヤヌス》《チキチキ・JET・サーキット》など、スピードアタッカー付与するカードと組み合わせるのも有効。

欠点と利点を併せ持っており少々不安定ではあるが、魅力的な能力ではある。種族サポートとして優秀なので、種族デッキを組む際は考慮に入れたい。

  • 降臨ではない。能力の性質を考えると、どちらかと言えばこちらの方が正しいのだが。
  • 能力の対象となる種族(範囲が種族でない場合はそれに関連した種族)を自身もほぼ必ず持っており、各種族デッキで重宝される能力である。また、ほとんどが同名クリーチャーを引っ張って来る事も可能。

この能力を持つカード

参考


Last-modified: 2018-10-24 (水) 13:57:10