黒城 凶死郎

漫画・アニメ「デュエル・マスターズ」シリーズの登場人物。
名前の読みは「こくじょう きょうしろう」。
死神」と呼ばれる男。年齢は勝舞より3つ年上の14歳。
アニメでの声は岸尾だいすけ氏。

デッキカラーは主に単色だが、自然を入れる事も。
アニメ「デュエル・マスターズ チャージ」でのみも使用。
使用するメイン種族デーモン・コマンドで、ヒーローズ・カードも同種族のカードが多い。

勝舞時代のメインキャラでは同じ闇文明使いにザキラがいるが、そちらのメインはドラゴンダークロードフェニックスゴッドという違いがある。

切札 勝舞のライバルとしては白凰に次ぎ、常にライバルとして意識している。
大人になった姿が描かれた番外編では「腐れ縁」と語っているが、そう言われる事に憧れる人物もいる。
勝舞達に友好的な態度はほとんど見せないが、どちらかといえば仲間と言える立場であり(アニメ「ゼロ」後半や「クロス」序盤など、オープニングで勝舞達と一緒に映っている事も)、乱暴な言葉ながら勝舞や白凰を励ます事もある。
勝舞も、すぐ近くで黒城が敗北した時は必ず心配している。
また、「孤独と絶望の神」と名乗っていながらも、結果的に人を救う事が度々ある。

メインキャラで実力も非常に高く、関連する商品もいくつかあるが、漫画では出番が多くはなく、2008年からは極端に登場が少ない。
漫画SXの本編では、第1話の扉ページで後ろを向いているのと、終盤でわずかに登場したのみとなっている。
2010年の番外編にて、本人も出番の少なさを気にしている様子が描かれた。

アニメでの登場はそれなりに多い。
しかし漫画、アニメ初代・「チャージ」、アニメ「〜ゼロ」以降、いずれも主人公に対する勝率は高いものの、
ストーリーの都合もあってか、「かなりの強敵に敗れ、その敵を勝舞が倒す」という展開が多く、黒城が勝利する相手は、勝舞以外はそれほど強くない場合が少なくない。

ファンからの人気は十分高いのだが。
漫画でのみ使った切り札、アニメでのみ使った切り札もそれぞれ少なくない。

「SX」最終回では勝舞の葬儀に現れ、勝舞の死を受け入れることのできない白凰に「現実を見ろ」と諭す。
自身も葬儀中は悲しげな表情をしていた。

その後は各地を旅し、デュエルでの賞金稼ぎなどを行っている様子。
雑誌「ニューフロンティア」に掲載された漫画「BC(ブラックキャッスル)」では、金丸組に雇われて裏デュエルに出場する様子が描かれている。

アニメ「VSRF」第14話ではシルエットが登場。
ルシファーに「伝説と謳われし死神」と称された。

'''History}

4年前はスペインに独り者として住んでおり、かっぱらいなどをして生活していた。
ある時、店の追手から逃れる時に地元で死神城と恐れられている、のカードを守る一族の屋敷に逃げ込み、そこの長に気に入られ、そこで初めての仲間と、デュエル・マスターズカードを手に入れる。

しかし、3年前の世界大会でのザキラ率いるガルドによる全デュエリスト抹殺の時、長が闇のカードと城の他の一族の命と引き換えにザキラの配下となる。
それにより、信じていた者からの裏切りの経験と自身の居場所を失ったことから、長をデュエルで殺し、孤独と絶望の神・死神としての人生を歩む。

その後、どういった経緯かはわからないが日本へ渡り、デュエルの神殿に入団し、四天王(「四天衆」の誤字かは不明)となる。
そして当時最強の称号を持つ白凰を倒すためにあえて恨みを買うため、他の四天王を倒し、神殿を放火して逃走する。

上記の過去により、白凰とはどちらかと言えば不仲である。
また、自身を死神にした原因であるザキラたちガルドに対する憎しみはすさまじく、「二度と日の目を見ぬ最も暗い地獄に堕とす」と宣言するほど。

戦績

アニメ「デュエル・マスターズチャージ」

  • 通算戦績:1戦0勝0敗1中断
    話数対戦相手勝敗
    26話B(ブラー)中断

関連カード

関連デッキ

関連パック

参考


Last-modified: 2018-11-15 (木) 17:42:16