黒柳

白凰切札 勝舞に敗れた後、白い騎士団に代わり結成された黒い騎士団のリーダー。元神殿のデュエリストで白凰に強い恨みを抱いており、その復讐だけを目的にジュニアチャンピオンになった。三国を倒す程の実力もあるが、大会中に携帯電話を用いて仲間に進路を指示させるなどの卑劣な手を使う。

使用デッキはイニシエート

《双光の使徒カリュート》《電磁の使徒バルアス》などの軽量クリーチャーを並べ《光器ペトローバ》でパンプアップさせる戦術を使用。

切り札は《聖天使カイザル・バジキューラ》《聖天使グライス・メジキューラ》

勝舞をあと一歩まで追い詰めるが、《トット・ピピッチ》スピードアタッカーを得た《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《アルティメット・ドラゴン》に敗れる。自らも敗北したことで黒の騎士団のメンバーに見捨てられるという、小悪党に相応しい末路を遂げた。

関連カード

参考


Last-modified: 2018-07-15 (日) 13:03:30