黒緑

自然の組み合わせ。

または、その2色で組まれたデッキのこと。

によってハンデス除去墓地回収リアニメイト自然によってマナブーストランデスマナ回収が可能。

《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》から《解体人形ジェニー》《白骨の守護者ホネンビー》《ライフプラン・チャージャー》などに繋ぐ2→4の流れはこの色構成の基本である。

《ダンディ・ナスオ》によるマナ基盤の調整や、《プライマル・スクリーム》《カラフル・ダンス》による墓地肥やしもお手のものであり、マナゾーン墓地の扱いに長ける。

また、1マナウィニーの層がかなり豊富であることから、【速攻】を組んでも非常に強力。《死神術士デスマーチ》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》などの優秀な進化クリーチャーも使用可能である。

反面、が入らないことから呪文サルベージができなかったり、が入らないことから手札補充がやや苦手という欠点もある。必要に応じて使う文明タッチするなどの工夫をしたい。

2色ながら動きの柔軟性は非常に高く、ビートダウンからコントロールまで幅広く組めるだろう。

  • Magic:The Gatheringの「ゴルガリ団」にちなんだ「ゴルガリカラー」という呼称がある。基本的に色名で言ったほうが親切だろう。

主なデッキタイプ

環境において

転生編期には【ターボドルバロム】が組まれるなど、デーモン・コマンドデッキとして組まれることが多かった。神化編には【連デモ】が成立するが、そちらは動きの耐用性を求めて白黒緑にシフトしていく。

メタゲーム上では長らく【白黒緑コントロール】【白青緑コントロール】の影に隠れて来たが、カードプールの増加に伴ってエピソード2辺りから【黒緑超次元】が頭角を現す。エピソード3に入ると無色を加えた【神聖斬 アシッド】に昇華された。

コントロールの詳細は【黒緑コントロール】?を参照。

【速攻】については【黒緑速攻】が特に有名。
神化編《死神術士デスマーチ》などの墓地進化が登場すると、元々豊富だったの1マナウィニー《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》などと組み合わせて強力な【速攻】が組めるようになった。

そのスピードは入りの【速攻】すら上回るもので、神化編以降メタゲームで活躍し続けた。詳細は【黒緑速攻】を参照。

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 17:58:53