最終禁断クリーチャー

DMR-23で登場したカードタイプ最終禁断特殊タイプを持ったクリーチャーである。

終焉の禁断 ドルマゲドンX FFLC 闇/火文明 (999)
最終禁断クリーチャー:(種族なし) 999999
T・ブレイカー
このクリーチャーが禁断爆発した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印を1つ付ける。(クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する)
相手は自身のクリーチャーに付いている封印を墓地に置けない。
このクリーチャーに封印を付けることはできない。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにこのクリーチャーの禁断コアを2枚、このカードの下に置いてもよい。そうしたら、自分のシールドを1つ墓地に置く。
このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、クリーチャーをすべて破壊し、自分はゲームに負ける。
禁断爆発前⇒《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》
※殿堂入り

現時点で《終焉の禁断 ドルマゲドンX》の一種のみが存在。非常に特殊なカードであるため詳細はそちらを参照。

強いて他のクリーチャーと異なる点を挙げるとすれば、

  • 禁断コアをつけた状態で存在できる
  • デッキの40枚に含まれない
  • 進化ではないが下にカードを置くことができる(ただしのちに無月の門が登場)
    など。

参考