山札送(やまふだお)

カードを持ち主の山札に置く効果のこと。
もっとも狭義には「バトルゾーンにある」「相手のカードを」山札に送るもの、すなわち除去を指す。

このページでは主に除去としての山札送りについて解説する。

コーライル C 水文明 (5)
クリーチャー:サイバーロード 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の山札の一番上に置く。

サイバー・W・スパイラル SR 水文明 (9)
クリーチャー:サイバー・コマンド 11000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを2体まで選ぶ。相手はそのクリーチャーを自身の山札に加えてシャッフルする。
このクリーチャーはブロックされない。
W・ブレイカー

この効果の強い点は、相手が確実にディスアドバンテージを被る点である。
通常なら破壊がその性能を持つのだが、破壊は特にが得意とする墓地利用に使われたり、pigを発動させてしまったりする可能性がある。一方で山札送りはこれらを回避して除去することができることから、しばしば破壊よりも強力な除去として挙げられる事がある。

また、他のゾーンに比べて狙った回収が難しいのも優秀。《ダーク・リバース》に対する《ディメンジョン・ゲート》のように、山札からの回収、すなわちサーチは他の回収よりもかかるコストが高い上、カードタイプも限られやすい。

強いて弱点を挙げるとすれば、ドローさえしていればそのうち手札に加わるので、どんなデッキでも再利用の可能性があるところだろう。
また、相手は山札を回復してしまうため、ライブラリアウトを狙うデッキとは基本的に相性が悪い。

山札送りの種類

山札にはカードの順序があるため、山札の「どこに」送るかで性質が若干違ってくる。
山札の上送り」→「送ってからシャッフル」→「山札の下送り」の順に再利用されにくい。

山札の上送り(デッキトップバウンス)

最も再利用されやすいタイプ。除去したカードは返しのターンドローで相手の手札に帰ってくるため、時間稼ぎとしては手札バウンスとあまり変わらない。
一方で、相手ドローを固定できるという点は他の2タイプにはない利点。相手が新しいカードを引く時間が遅れるほか、腐っているカードを対象に撃てばバウンス以上にテンポアドバンテージを削ぐ事ができる。連発してやれば一種のドローロックとなる。
また、ささやかながら山札操作に対するメタにもなる。

山札に送ってからシャッフルさせる

山札のどこに送られたかがランダムとなり、手札に戻ってくるタイミングが予測しづらい。運次第では山札の上山札の下に置かれることもある。
送ったカードだけでなく山札全体がシャッフルされることから、除去と同時に山札操作に対する大きなメタにもなる。
《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》などでシャッフルすることが禁止されている場合、相手は山札の好きな位置にカードを置く事ができる。

山札の下送り(デッキボトムバウンス、ボトム送り)

最も再利用されにくいタイプ。相手はライブラリアウト寸前でしか同じカードを再利用できない。他のカードゲームにおける「追放」や「除外」に近いと言ってもいい。
ただし、《カツラデランス》などのように山札の一番下を利用するカードも少しずつだが増えてきているため、過信は禁物。
山札シャッフルされた場合、このタイプの優位性は多少削がれてしまう。また、このタイプだけ山札操作に対するメタ性能がほとんどない。

その他

主な山札送り

(文明ごとにそれぞれ、クリーチャー➡︎呪文➡︎その他、の順で記載)

無色

自然

多色

など。

参考


Last-modified: 2018-11-16 (金) 13:28:26