自爆特攻

何らかのアドバンテージを得るため、攻撃した結果破壊されてしまうことを承知で攻撃すること。
例として自分のクリーチャーパワーの大きいクリーチャーやスレイヤーを持つクリーチャー攻撃させることが挙げられる。
主に、スレイヤーpig能力を積極的に活用するために使われる。

特に《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》で相手クリーチャー自爆特攻をかけつつ、マナを増やすというのは有名だろう。

何の意味もない特攻は、自爆特攻とは言えない。アドバンテージをとるなど、何らかの目的があるもののみを言う。

  • カードゲームによっては「チャンプアタック」という言い方をすることもあるが、デュエマでは現在のところそのような表現はされていない。

参考


Last-modified: 2018-09-13 (木) 01:24:31