蛇美羅

漫画とアニメ「デュエル・マスターズ」シリーズに登場するキャラクター。
名前の読みは「じゃみら」。

マジック:ザ・ギャザリング時代に初登場。
自称「毒蛇王(どくへびおう)」で、「ポイズンデッキ」を使用。
だが神殿内では「はったりだけで実はめちゃめちゃ弱い」と言われており、
切札 勝舞が神殿の修行で最初に戦った相手であるが、デュエル開始の次のページ1コマ目であっさり勝舞に敗北。
神殿にいるという事は、勝舞が苦戦するような試験を突破した事になり、それなりに腕は立つはずなのだが。

デュエル・マスターズカード時代は番外編で初登場。
伍大 翔にでまかせを言ううちに尊敬され、勝手に師匠にされたが、負け続けている。
「SX」終盤では、同じく神殿にて初登場した神谷 透と共に登場し、世界の命運をかけた勝舞とアダムのデュエルを中継で見守った。

アニメでは第1シリーズ、「チャージ」、「闇の城の魔龍凰」に登場。
第2話で初登場し、神殿からの最初の刺客として勝舞に挑む。
デュエル開始前のシャッフル後、「一雨来そう」と言って勝舞達の注意を逸らし、カードを都合よく並べてあるデッキにすり替えて勝舞を追い詰めるも、対戦中に黄昏 ミミの発言でばれた上に敗北。
なお、雨が降り始めたのは対戦終了後。

インチキをする事は大勢に知られているようで、後の大会では登場しただけで観客からブーイングが起き、勝った時に「インチキなんてしてない」と言うと観客全員が極端に驚いている。
勝舞からは「どうせ汚い手を使ったんだろ」、紗雪には「毒蛇王というよりインチキ王」と言われている。
勝舞に敗れた事がきっかけで神殿を追い出されそうになり、大会でも勝舞に敗れたため、さらに勝舞を恨む。
女装して、決勝を控えた勝舞に大量の飲み物を渡し、勝舞が試合直前にトイレに行ったところを縛り上げて失格にしようと企むが、そこに現れたナイトに諭されて以降は卑怯な事はしなくなり、勝舞の応援もするようになる。

「チャージ」では大会で、改心した振りをしている邪藩 牛次郎と対戦。
修行によって身に付けたという数々の特殊能力を発揮し(三国は感心したが、全て偶然)、ほぼ互角に戦う。
終盤で牛次郎の手札2枚を(偶然)見切りながらも、かつて自分が行った「一雨来そう」(ドームの中なのだが)と言って注意を逸らす手に引っかかり、手札の左右を入れ替えられ、手札破壊の狙いが外れて敗北。

  • 透が勝舞のデッキを研究・対策し、攻略法を公表した事で蛇美羅は念願のリベンジを果たしている。Magic:The Gathering時代の話とはいえ、どんなデッキメタられれば途端に勝てなくなるというカードゲームの厳しさを表していたと言える。

参考


Last-modified: 2018-08-04 (土) 16:43:59