手札(てふだ)

文字通り「手の中にあるカード」のこと。
デュエルでは手札からカードを使っていくことでゲームを進めていく。

当然ながら多くの手札を持っていたほうがプレイの選択肢が広がるため有利となる。
デュエル・マスターズでは、各プレイヤーはゲーム開始時に5枚の手札を持ってスタートする。

デュエル・マスターズでは、ドロー効果のあるカードを使用しない場合、原則として1ターンに1枚ずつしか手札の補充ができない。一方、手札を使うチャンスは1ターンに最低2回(チャージ1回+メインステップ)訪れるため、序盤で無計画にカードを消費していくと4〜5ターン目で手札がなくなってしまう。

この状況を回避するために、ほとんどのデッキではサーチドローソースなどの手札補充や、強力なカードの使用タイミングを早めるためのマナブーストが組み込まれる。

他のカードゲームにも言えるが、「手札を制した者がゲームを制する」と言っても過言ではない程の重要な領域である。手札の枚数がたった一枚違うだけでも、後のプレイに大きな影響を及ぼしかねない。そのため、手札補充やハンデスを行うカードの調整は、開発側にとって非常に難しく、殿堂入りプレミアム殿堂に指定されたカードの中には、この類の能力を持っているものが多い。

  • ゲーム開始時に引いた5枚の手札は「初手」と呼ばれることが多い。
  • この手札を狙った妨害行動がハンデス(手札破壊)である。強力なカードでも使われる前に封じるだけでなく、単純にプレイの選択肢を狭めることができるので、序盤から終盤まで一定の成果を上げることができる。

参考


Last-modified: 2018-11-04 (日) 19:59:18