手打ち

S・トリガーS・バックなど、自身の能力でコスト踏み倒しが出来るカードを、手札から通常のコストを支払ってプレイすることを表す俗語。
地域などによっては、「素打ち」とも言う。
広義にはコスト踏み倒しができるカード全般について言うが、特にS・トリガー呪文を唱える場合に使われることが多い。

基本的にS・トリガー持ちなどはマナコストが重く設定されており、それをわざわざ正規のコストを支払ってプレイすることは、好ましいとは言いがたい。
とは言え、後述の《フェアリー・ライフ》のように序盤に威力を発揮するカードやそもそもコストが軽いカード、デッキコンセプトになるようなカードは手打ちでもよくプレイされる。また、状況によっては手打ちせざるを得ない、あるいは手打ちがベストの選択であることもしばしばある。

  • 呪文がほとんどなので本来は「手ち」と表記すべきだろうが、変換の煩雑さからか「手打ち」が好まれる。どうしても表現にこだわりたいのであれば「手うち」とあえてひらがなにするのも一つの方法である。

手打ちでプレイされやすいカード

無色

自然

多色

参考


Last-modified: 2018-10-15 (月) 12:28:20