カードタイプの一つ。
シールド1つの上に置いて要塞化することで効果を発揮するカードである。

シールドの活用を裏のテーマとする戦国編DM-30で初登場。カードのフレームは中世の城壁を思わせるようなものとなっている。

紫電城バルザーク SR 火文明 (5)
城−自分のシールドをひとつ選び、このカードを付けて要塞化する。 その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。 (「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う)
バトルゾーンにある自分のクリーチャーがブレイクするシールドの数を2倍にする。
この城を付けて要塞化したシールドが他の城によって要塞化されていなければ、そのシールドが相手のクリーチャーにブレイクされる時、かわりに他のシールドを1枚手札に加えてもよい。

自分のシールドが1つでもあれば、それに重ねて要塞化することで使用できる。逆にシールドが1つもないと、城をプレイできなくなる。

プレイの手順はクリーチャー呪文と同じ。手札から使用することを宣言し、規定のマナコストを払うことで要塞化できる。

要塞化したシールドブレイクシールド焼却によってシールドゾーンを離れると、重ねていた城は墓地に送られる。S・トリガーが使える場合は、それを使ってから墓地に置く。

城は要塞化している状態でないと効力を発揮しないので、いかに自分のシールドを守るのかが重要である。強力なものも多いので、上手く自分の戦術に取り入れていきたい。

ルール

  • 城が持つ「〜、かわりに他のシールドを1枚手札に加えてもよい」という能力の効果置換効果である。よって《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》などの「ブレイクする時、○○する」の能力を持つカードブレイクするときは、ターンプレイヤーが誰なのかによって処理が変わる。
    ブレイクする側がターンプレイヤーである場合、そちらを処理した後に処理することになる。特にシールド焼却などは置換効果であるため、その処理に割り込むことができず、身代わりは無効になる。
    逆に城の持ち主がターンプレイヤーであった場合、身代わりを先に処理することになる。相手の効果は身代わりに割り込むことができなくなり、シールド焼却などは無効になる。
  1. 城やシールド・フォースで選ばれたシールドの位置を確認する。
  2. それぞれのシールドが何枚のカードで構成されているかを数える。
  3. シールドにあるカードを裏向きにしてシャッフルする。
  4. 2で数えたのと同じ枚数をシャッフルした所からとり、それぞれのシールドのあった場所に置いていく。例えば左端に3枚、真ん中に2枚、右端に4枚のカードがあったら、これらの9枚をシャッフルし、左端に3枚、真ん中に2枚、右端に4枚置く(それらの内容は変わっているかもしれない)。
  5. 城は同じ位置に置かれたシールドを要塞化し、シールド・フォースで選ばれたシールドもまた、同じ位置に置かれた物がシールドにある間効果が持続する。例えば右端のシールドを選んだら、シャッフルして並べた後右端に来たカードが選択されたシールドになる(その内容は変わっているかもしれない)。

ゲームにおいて

その他

  • 戦国編では味方全体に効果の及ぶ城が主に登場した。それ以降は特定の種族もしくは名称カテゴリのみに効果が及ぶ城が少しずつ登場しており、いずれも背景ストーリーで登場する各組織の拠点がカードとなったものである。
  • 元ネタは、ルール面ではMagic:The Gatheringの「オーラ」、イメージ面ではMTGの「城塞」だろう。
  • DMR-13では各文明の拠点が呪文で登場した。さらにDMR-14ではこれらの拠点をモチーフにしたフォートレスという新たなカードタイプが登場した。名称こそ似通っているが、システム上まったくもって似て非なる概念である。
    拠点系のカードの主軸がフォートレスに移行していることを考えると、今後しばらくは新たな城が登場することはなさそうである。

参考


Last-modified: 2018-09-26 (水) 20:26:40