文明の同義語。

元はMagic:The Gatheringに登場する5つの色()を指す言葉であり、同じくカードが5つの文明で構成されるデュエル・マスターズにそのまま流用された。マジックではルール用語だが、デュエル・マスターズでは俗語。
このことから、デュエル・マスターズでも5つの文明がマジックの色で呼ばれることが多い。

大抵の色は文明ごとのカード枠の色と同じだが、文明だけがカード枠の色が黄色であるのに対してと呼ばれることに注意。

  • 上記の通り「色」はデュエル・マスターズでは俗語だが、同じ用法で「色」という字が使われているルール用語として「多色」「無色」が存在する。「多文明」「無文明」と呼ばれることはほぼない。

参考


Last-modified: 2018-10-05 (金) 22:46:24