侵略ZERO(ゼロ)

DMR-22で登場した能力語。読みは漢字・英字含めて「ゼロ」。
初登場時点では、相手のターン中に相手が特定の行動を行っていれば、そのターンの終わりに自身をバトルゾーンに出すことができる。
文明クリーチャー呪文D2フィールドが持ちうる。クリーチャーの場合は種族ソニック・コマンドを持つ。

ZERO(ゼロ)の侵略 ブラックアウト LC 闇文明 (6)
クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者ZERO 7000
W・ブレイカー
侵略ZERO:相手のターンの終わりに、そのターン相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出していたら、このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンに自分のD2フィールドがあれば、相手のパワーが一番大きいクリーチャーを1体破壊する。

禁断の月 ドキンダムーン P 闇文明 (6)
D2フィールド
侵略ZERO:相手のターンの終わりに、そのターン相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出していたら、このD2フィールドを自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
このD2フィールドがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)
Dスイッチ:自分のターンのはじめに、このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、ソニック・コマンドを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

相手のターン中に、相手の行動によってトリガーする能力のため、基本的には相手の行動に大きく依存する能力である。
似た能力であるG・ゼロリベンジ・チャンスよりも誘発条件とタイミングが若干シビアになっており、両者との大きな違いとしては「誘発タイミングが相手のターン終了時」であること、「クリーチャーの場合召喚扱いにならない」ことが挙げられる。

  • ターン終了ステップの開始時に使用宣言する必要はなく、ターン終了ステップにおける非アクティブプレイヤー側の処理が回ってきてはじめて使用宣言する。ただし、ターン終了ステップの開始時に手札にあることが証明できる侵略ZEROしか使用宣言不可能(2018/08/24事務局正式回答)。
  • 侵略ZEROトリガーするのはターンの終わりなので、1ショットキルには非常に弱い。《ZEROの侵略 ブラックアウト》の効果判明時点では《蒼き団長 ドギラゴン剣》を主軸としたデッキが隆盛を極めていたため、「ターンの終わりが来ない」という理由で《ブラックアウト》は過小評価されていた。
    • 実際、運用に際してはタッパーなどのS・トリガーでターンを凌ぐ必要があるだろう。
  • 進化GV等と同じく、「侵略ZERO」と書いて「ゼロ」と読む。とはいえ、公式動画でのDeadmanやアニメでの勝太などはそのまま「しんりゃくゼロ」と読んで紹介していた。しかも、デュエマTVに至っては実物のカードで「ゼロ」と振り仮名が振ってある所を、字幕ではわざわざ「しんりゃくゼロ」に書き直していた。
    • そもそも、「かくめいチェンジ」に対抗する能力なのだから「しんりゃくゼロ」と読むのが自然であるし、実際字面ではそうなっている。それに、「G・ゼロ」や「革命0トリガー」など既に「ゼロ」を含む用語が存在しているため、「ゼロ」だけでは混同するのが必至である。上記のように公式媒体でさえ「しんりゃくゼロ」と読み直しているのを見ると、もはやネーミングミスと言わざるを得ない。

侵略ZEROを持つカード

関連カード

侵略ZEROに関連する効果を持ったカード

参考


Last-modified: 2018-12-03 (月) 04:35:45