神月 ルナ

映画「黒月の神帝 ルナティック・ゴッド・サーガ」に登場するキャラクター神月 ミカドの妹。
ダークブルーの長い髪と、頭に留めた白いリボンが特徴。
喋るカラス、クロロを常に連れている。

映画での声優は平野綾氏。

年齢はミカドより4歳下であるため、13歳ぐらいと思われる。
ミカド同様「ガレの民」の末裔であり、その能力故に彼とともに迫害や虐待を受け、兄の復讐計画に同調。

映画序盤、切札 勝舞が持つ《神羅ドラグ・ムーン》を狙い勝舞に接触し、デュエル後に意気投合。
彼女は勝舞達と同様にクリーチャーをれっきとした「仲間」とみなしており、ルナーズベルグ達をとても大切にしている。
勝舞とともにクリーチャーの世界に入り、勝舞のクリーチャーとも親しく接する。

後に勝舞がミカドに敗北した時、本来の目的通り《神羅ドラグ・ムーン》を奪い彼の元を去るが、クリーチャーを道具としかみなさず、全てを破壊しようとする兄のやり方に反発し、デュエルを挑むも敗北。

追ってきた勝舞と、デュエルがお互い大好きであることを確かめ、彼に兄を止めるよう頼む。
その敗北の際、実体化した神帝の攻撃によって重傷を負い意識不明になるが、戦いが終わった後に目を覚ます。

漫画にて後日談エピソードがあり、「オレたちが闘ったあの日以来」という勝舞の台詞から、ルナは勝舞に度々手紙を送っている模様。
手紙で勝舞に《竜装 シデン・レジェンド》をプレゼントしている。

なお、その後日談によれば「デュエルしよ」という何の変哲も無い一文が「デートしよ」に見えてしまうほど字が汚い。
それが原因で、手紙を見たミカドが勘違いし、勝舞に怒りのデュエルを挑むことになる。
勝舞が勝った後、ミカドが手紙をよく見て勘違いが解ける。

デッキタイプ/ドラゴン主体のデッキ
ミカドとの対戦ではも入っている。

パラレルストーリーと言える映画の登場キャラクターであるため、漫画本編との繋がりは一切ない。
しかし「SX」終盤、勝舞に力を貸すべく各々のクリーチャーを向かわせたデュエリスト達の1人としてミカドとともに本編に初登場し、《ルナー・クロロ》を送り込んでいる。
最終回で勝舞の葬儀にもミカドとともに登場。

名前の由来は月を指す「luna」だと思われる。話に深く関わるルナティック・エンペラーが月をモチーフとしていることから間違いないだろう(「lunatic」も語源は同じである)。

  • 人気声優の起用や映画自体の成功もあってか、映画オリジナルキャラとしてはかなりの人気キャラ。
  • 一応、勝舞には好意を持っている様子。
  • ちなみに、映画のスタッフロールのNGシーンでは、神帝の破壊光線の威力が強すぎて黒コゲになってしまった。

関連カード

参考


Last-modified: 2018-10-17 (水) 18:29:11