神帝

DM-32およびプロモーション・カードで登場したゴッドサイクルに存在し、最大4枚まで、縦にも横にもG・リンクできるのが特徴。
それらを切札に据えたデッキはこちら→【神帝】
それらが共有する名称カテゴリについてはこちら→神帝(名称カテゴリ)


神帝(基本情報)

神帝アナ R 水文明 (5)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 5000+
G・リンク - 《神帝アージュ》の右横、《神帝マニ》または《神帝ヴィシュ》の上側
このクリーチャーがゴッドとリンクしたとき、相手にバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーを1体選ばせ、持ち主の手札に戻してもよい。

神帝マニ UC 水文明 (4)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 4000+
G・リンク - 《神帝ムーラ》の右横、《神帝アナ》または《神帝スヴァ》の下側
このクリーチャーがゴッドとリンクしたとき、カードを1枚引いてもよい。

神帝アージュ VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 8000+
G・リンク - 《神帝アナ》または《神帝スヴァ》の左横、《神帝ムーラ》の上側
W・ブレイカー
このクリーチャーが他のゴッド3体とリンクしていて、このクリーチャーが攻撃またはブロックする時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

神帝ムーラ C 闇文明 (3)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 3000+
G・リンク《神帝マニ》または《神帝ヴィシュ》の左横、《神帝アージュ》の下側
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、ゴッドを1体、自分の墓地から手札に戻す。

神帝ヴィシュ P 闇文明 (4)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 3000+
G・リンク-《神帝ムーラ》の右横、《神帝アナ》または《神帝スヴァ》の下側。
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

神帝スヴァ P 闇文明 (5)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 6000+
G・リンク-《神帝アージュ》の右横、《神帝マニ》または《神帝ヴィシュ》の上側
このクリーチャーのパワーは、自分の墓地にあるゴッド1体につき+2000される。
このクリーチャーが《神帝アージュ》とリンクしていて攻撃する時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んでもよい。そのターン、そのクリーチャーのパワーは-8000される。(パワーが0以下のクリーチャーは破壊される)
自分の、カード名に《神帝スヴァ》と書かれているカードがバトルゾーンを離れた時、自分はゲームに負ける。

G・リンクする位置は
 左上 《神帝アージュ》
 左下 《神帝ムーラ》
 右下 《神帝ヴィシュ》《神帝マニ》
 右上 《神帝アナ》《神帝スヴァ》
となっている。
また、それぞれがリンク時に誘発する能力を持っているのでリンクしやすいのも特徴。

  • 組み合わせによってはリンクしていても単色となる初のゴッドでもある。
  • イラストはカードの前面に印刷されており、カード名はイラストの邪魔にならないよう脇に縦書きで書かれている。また、カード名の地の部分の色で文明を表している。また、レアリティに関わらずフルフレーム仕様になっているG・C(ゴッド・カード)バージョンが存在している。
  • 4体がG・リンクした場合、どの組み合わせでも頭が合計8つになることから、モチーフは日本神話に登場する伝説の生き物である八岐大蛇(ヤマタノオロチ)であると考えられる。種族オリジンを持つあたりもそれらしい。
  • 映画「黒月の神帝」にも、ド派手な演出とともに登場。無限攻撃能力で勝舞を苦しめた。
    漫画やアニメではG・リンクしたゴッドは冠詞を除いた名前を繋いで呼ぶ事が多いが、神帝の場合はさすがに4つを並べて呼ぶのは面倒なのか、ミカドは「四神」と呼んでいた。
  • また小説版によると、古代から存在するこれらのカードは古代の言語でテキストが記されているという設定らしい。ただし、映画版では実物のカードをスキャンして使っているためその描写はない。同様の設定はルナティック・エンペラーにも当てはまる。
  • 神帝は全てスーパーレアベリーレアG・C(ゴッド・カード)を含めて全てフォイルカードで作ることができるので、すべてフォイルで作るのも一つの楽しみかもしれない。ただし、これらのG・Cは一箱に1枚前後と封入率がかなり低いので集めるのは困難。さらに全てプロモカードで作ることも可能。こちらは全て配布期間が終了しているのでさらに困難。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 01:31:03