進化(しんか)クリーチャーの(した)

バトルゾーンにある進化クリーチャーの下のこと。

他の進化クリーチャー下を参照する場合にこの表現が用いられ、自身の下を参照する場合は「このクリーチャーの下」と書かれる。
進化クリーチャーの下のことを「進化元」と呼ばれることもあるが、進化クリーチャーの下は場所を指し、進化元はカードを指す。

超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン SR 水文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス 15000
進化GV−自分のグレートメカオー、グランド・デビル、ポセイディア・ドラゴンのいずれか3体を重ねた上に置く。
自分の他のクリーチャーが破壊されるとき、墓地に置くかわりにこのクリーチャーの下に置いてもよい。
メガメテオバーン6:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを6枚、墓地においてもよい。そうした場合、相手はバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーすべてとマナゾーンにあるカードすべてを手札に戻す。
T・ブレイカー

霊騎幻獣コライオン C 自然文明 (2)
クリーチャー:アーク・セラフィム/ドリームメイト/オリジン 1000
このカードが墓地に置かれた時、それが墓地に置かれる直前に進化クリーチャーの下にあった場合、カードを1枚引いてもよい。

時空男 UC 闇文明 (2)
クリーチャー:ヘドリアン/オリジン 1000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに、バトルゾーンにある自分の進化クリーチャーの下に置いてもよい。

「クリーチャーの下」「進化クリーチャーの下」のルール

※「進化クリーチャー」は「進化(した)+クリーチャー」のため、進化クリーチャーの下 ∈ クリーチャーの下である。しかし、進化クリーチャーはクリーチャーの下にカードが置かれることを前提とするカードであるのに対し、進化ではないクリーチャーはクリーチャーの下にカードが置かれることがほとんどない。そのためこちらにルールを記載してある。

クリーチャーオブジェクト)は一番上のクリーチャー(カード)の特性しか持たない。
下のカードは特性が無視されるので、オブジェクトともども他のゾーンに置かれた場合、「破壊された時」等の能力は一番上のクリーチャー(カード)のものしか誘発しない。
また、破壊効果はクリーチャー・オブジェクトに対して適用されるので、下のカード(≒進化元)は破壊されたという扱いにならない。
《闇侯爵ハウクス》等の旧テキストクリーチャーがクリーチャーの下にある場合、「バトルゾーンから自分の墓地に置かれた時」の能力は発動する。

上記の《霊騎幻獣コライオン》はあえて「墓地に置かれた時」と表記してある。
仮に「破壊された時」の表記だと、進化元は破壊されたという扱いにならないため、ドローできそうな場面でもドローできなくなってしまう。

また、進化クリーチャーの下からクリーチャーを出す場合や、一番上のクリーチャーをバトルゾーンから離して、進化クリーチャーの下にあったクリーチャーをバトルゾーンに並べる場合なども挙動が特殊なので注意。(→進化クリーチャー)

進化クリーチャー(オブジェクト)の一番上の進化クリーチャー(カード)が移動した場合(《太陽王ソウル・フェニックス》)や進化元が進化クリーチャー(オブジェクト)から独立して別のオブジェクトになった場合(《超神星ジュピター・キングエンパイア》《超神星イクシオン・バーニングレイブ》)、ゾーンを移動しているわけではないのでcip能力は誘発しない。(→退化

  • サイキック・クリーチャーの「バトルゾーン以外のゾーンに行ったとき、そこ(超次元ゾーン)に戻す」というルールの影響を受けない。当然、バトルゾーンから離れて解体された時や、カード指定除去された場合、メテオバーンで消費された場合は超次元ゾーンに戻る。

「進化クリーチャーの下」に関係する能力を持つカード


「進化クリーチャーの下」についてのその他

  • 進化クリーチャーが登場した当初は、「進化クリーチャーがバトルゾーンを離れるとき、その下のカードは同じ場所に移動する」「何らかの方法で進化クリーチャーの下のカードが墓地に置かれた場合、一番上のカードも破壊される」などのルールだけであったが、《太陽王ソウル・フェニックス》の登場や、不死鳥編神化編の進化クリーチャーをサポートする新システムの登場などによって、進化クリーチャーの下に関する考え方はどんどん変わっていった。
  • 以前は《炎竜凰シャイニング・ノヴァ》等の能力で「バトルゾーンにあるカードを1枚選ぶ」とき、ここにあるカードは選択できなかった。
    ここで言うカードとはオブジェクトを指すためであり、このような記述が採られた理由は、バトルゾーンを含む複数のゾーンの中から1つのオブジェクトを選ばせるために、クリーチャーを数える単位=体が使えなかったからである。
    • 2014/01/17の裁定変更によって、これらの「カードを選ぶ」能力でここにあるカードも選択できるようになった。

参考