仁義(じんぎ)

DM-37で登場した、キーワード能力の一つ。
自分の他のクリーチャーバトルゾーンを離れたときか自分のクリーチャーカードマナゾーンを離れたときに誘発する。
効果はクリーチャーによって様々であるが、文明の特色からクリーチャーを強化するものが多い。

爆双ブルカノ・フドウ R 火/自然文明 (6)
クリーチャー:アース・ドラゴン/フレイム・コマンド 7000+
K・ソウル
W・ソウル
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
W・ブレイカー
仁義(自分の他のクリーチャーがバトルゾーンまたはマナゾーンを離れた時、このクリーチャーの仁義能力を使ってもよい)
仁義−このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体は「パワーアタッカー+5000」を得、シールドをさらに1枚ブレイクする。
自分のファイアー・バードがバトルゾーンを離れた時、そのターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体はタップされていないクリーチャーを攻撃できる。

その条件はK・ソウルマーシャル・タッチW・ソウルマナ爆誕シナジーを形成しており、アドバンテージをさらに稼ぐことができる。
それ以外でもスーサイドマナ進化《母なる紋章》など誘発剤となるカードは非常に多い。
相手の除去ランデスでも誘発するため、効果によっては相手に行動をためらわせる事もできるだろう。

  • 覚醒編のキーワード能力の法則から鑑みるに、この能力はK・ソウルとW・ソウルを併せ持つクリーチャー限定の能力と思われる。
  • 誘発タイミングに制限はない。相手のターン中でも問題なく使用できる。

仁義を持つクリーチャー

参考


Last-modified: 2018-09-10 (月) 14:50:32