切札 勝三

切札 勝舞切札 勝太の祖父。切札 ジョーの曾祖父。 背丈が低く、頭に勝の字がついている兜をかぶっている。 

切札 勝舞が主人公の時代にはアニメにもマンガにも出演しておらず、ビクトリーになってから始めて登場。 

長らくデッキもプレイスタイルも不明の謎深いキャラクターであったが、アニメ「ビクトリー」45話にて浦無 ズバ子の試練ではじめてデュエルを披露。その際使用したデッキは孫・勝舞を彷彿とさせる、ドラゴンを主軸とした自然+ビートダウンだった。

《コッコ・ルピア》コスト軽減から《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》に繋ぎ、《龍仙ロマネスク》マナブースト《ボルバルザーク・エクス》マナ再利用効果を駆使、手札が切れれば大量のドラゴンがいる状態で《セルリアン・ダガー・ドラゴン》を出して大幅に手札補充するなど豪快なプレイを行い、最終的に「5ターン以内に20体のクリーチャーを並べる」という荒業を見せた。

マナブースト(&マナアンタップ)⇒召喚という正攻法のみで20体ものクリーチャーを出す姿は、まさに45話のサブタイトル通り「その男、切札家最強」といったところだろう。
現在は《母なる紋章》プレミアム殿堂《ボルバルザーク・エクス》殿堂入りとなり、事実上不可能に近い芸当となっている。

  • 勝三、勝利、勝舞と、3人揃って「デュエルバカ3代」と呼ばれているため、勝三は勝利の父であろう。

参考


Last-modified: 2018-08-08 (水) 09:50:10