創世神

DM-34で登場した進化ゴッドである《創聖神 EVE》《蒼世神 ADAM》G・リンク形態。

それらを切札に据えたデッキはこちら→【創世神】

どちらもオリジンから進化し、それぞれ強力なメテオバーン能力を持つ。

創聖神 EVE(イヴ) R 光文明 (6)
進化クリーチャー:ゴッド/オリジン 5000+
ブロッカー
進化−自分のオリジン1体の上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてよい。そうした場合、このクリーチャーはバトルゾーンにとどまる。
G・リンク《蒼世神 ADAM》の左横。
このクリーチャーは、リンクしている時「T・ブレイカー」を得る。

蒼世神 ADAM(アダム) R 水文明 (7)
進化クリーチャー:ゴッド/オリジン 8000+
進化−自分のオリジン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそのクリーチャーを自身の山札の一番下に置く。
W・ブレイカー
G・リンク《創聖神 EVE》の右横。
メテオバーン−このクリーチャーがリンクしていて攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを5枚墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のマナゾーンにあるカードを全て裏向きにして、新しいシールドとして、持ち主のシールドゾーンに加える。

この2体がG・リンクすると、以下のようになる。

創聖神 EVE/蒼世神 ADAM  光/水文明 (6+7)
進化クリーチャー:ゴッド/オリジン 13000
ブロッカー
W・ブレイカー
T・ブレイカー
メテオバーン−このクリーチャーがバトルゾーンを離れるとき、かわりに、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてよい。そうした場合、このクリーチャーはバトルゾーンにとどまる。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを5枚墓地においてもよい。そうした場合、相手のマナゾーンにあるカードを全て裏向きにし、新しいシールドとして、持ち主のシールドゾーンに加える。

G・リンク状態でのスペック《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》にかなり近く、一度G・リンクが決まってしまえば除去するのは至難。
進化元が種類の豊富なオリジンと言うこともあって、に困ることはないだろう。

参考


Last-modified: 2018-09-29 (土) 01:10:19