双・超マーク2ブロック構築環境(こうちくかんきょう)

超天篇から始まった新しいブロック構築フォーマット。

使用できるカード

DMSD-08DMSD-09発売期(2019/3/16発売)

新戦力カード

概要

《異端流し オニカマス》《デスマッチ・ビートル》がレギュレーション範囲外(いわゆる2ブロック落ち)となり、これによって《ヘブンズ・フォース》を安定して使えるようになった【赤白“轟轟轟”ブランド】が1人勝ち状態となった。

そんな中でも《ウォッシャ幾三》《ガチャダマン》、各種ジョーカーズGRクリーチャーを獲得した【緑ジョーカーズ】【GRジョーカーズ】として派生。2番手として上々の活躍を果たした。

《*/弐幻ニャミバウン/*》は極めてメタに掛かりにくい防御札として色の合う多くのデッキに入るようになった。

DMRP-09発売期(2019/3/30発売)

新戦力カード

概要

DMRP-09発売直後は【赤白“轟轟轟”ブランド】の一人勝ち状態となっていたが、【“B-我”ライザ】【青単ムートピア速攻】がその後を追っていた。前者はやはり《異端流し オニカマス》《デスマッチ・ビートル》の2ブロック落ちによって早期のコスト踏み倒しが安定するようになったため対抗馬として存在感を示せるようになった。後者は負けず劣らずの速度で対抗できるため、【赤白“轟轟轟”ブランド】のライバルとなったのである。

DMRP-09発売から2週間程度の環境では【ジョット・ガン・ジョラゴン】【GRジョーカーズ】、赤青構築の【クラッシュ“覇道”】《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》軸の【ドロマーハンデス】、【バラギアラループ】などが混在する、群雄割拠の環境となった。《ヘラルド・ルドゥーテ/ローズ・セレモニー》を獲得した【墓地ソース】チャンピオンシップ4位以内入賞もある。

DMEX-05期(発売日 2019年4月20日)

新戦力カード

概要

DMEX-05再録中心のエキスパンションであり、影響を受けたのは《白皇角の意志 ルーベライノ》が参入した【サッヴァーク】《鋼ド級 ダテンクウェールB》を獲得した【GRジョーカーズ】《接続 CS-20》《シニガミ 丁-四式》を手に入れた【青黒オレガ・オーラ】程度であった。

[[【サッヴァーク】]

DMSD-10期(発売日 2019年5月18日)

新戦力カード

概要

【赤白“轟轟轟”ブランド】の入賞が目立っていたが、【サッヴァーク】のような受けの強いデッキや【バラギアラループ】など除去力のあるソリティアが張り合う形となり、こうして露骨に対策されたため【赤白“轟轟轟”ブランド】の独壇場とはいかなくなった。

DMSD-11DMSD-12期(発売日 2019年6月15日)が発売されたが環境がほとんど変わらなかったため割愛※

DMRP-10期(発売日 2019年6月22日)

新戦力カード

概要

この弾の発売に際して後述のように《“轟轟轟”ブランド》殿堂入りが発表され、【赤白“轟轟轟”ブランド】は消滅の運命を辿った。そうしてビートダウンの速度でそちらより劣っていた赤青構築の【クラッシュ“覇道”】がトップメタとなった。2枚目以降の《“轟轟轟”ブランド》を失ったのは【クラッシュ“覇道”】も同じだが、こちらは《Wave All ウェイボール》《知識と流転と時空の決断》などのGR召喚手段を味方につけて寧ろ強化されている。

同じ頃の殿堂レギュレーションで活躍している《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》は2ブロック環境で見かけない。というのも、【黒単ド・ラガンザーク】の妨害札である《無修羅デジルムカデ》が簡単に《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》《“必駆”蛮触礼亞》のセットで突破されてしまうためである。

《Wave ウェイブ》《知識と流転と時空の決断》【青黒ハンデス超次元】をベースとした新デッキ【青黒GRハンデス】を形成、環境に進出した。

DMSD-10で再録された《ジャスト・ラビリンス》を味方につけて【イマムーグ】が成立、チャンピオンシップ4位以内入賞が報告される。

殿堂レギュレーション(2019年7月1日から殿堂入り)

概要

この殿堂レギュレーション改訂の影響で【赤白“轟轟轟”ブランド】を始めとする【“轟轟轟”ブランド】系列のデッキ、【青単ムートピア速攻】が構築困難になった。

DMEX-06期(発売日 2019年7月20日)

新戦力カード

DMEX-06には超マークの付いたカードが無いため、なし。

概要

低速化した環境で【バラギアラループ】がトップになり、そこを高速デッキである、【印鑑パラス】が追う格好となっていた。

DMBD-09DMBD-10期(2019年8月9日発売)

新戦力カード

DMBD-09DMBD-10には超マークの付いたカードが無いため、なし。

概要

デュエル・マスターズ全国大会2019店舗予選の頃になると【新世壊ガ・リュミーズ】【ジョーカーズミッツァイル】などに入る《アッカン・ペロケット》で露骨に対策を打たれるようになった。【イマムーグ】も【ジョーカーズミッツァイル】の物量に対応しきれない、環境の速度に対応できないなどでメタ格から消えていった。

参考