双極篇(ツインパクト・シリーズ)

デュエル・マスターズ17番目のシリーズ。
「双極篇」と書いて「ツインパクト・シリーズ」と読む。
ブロックマークは「双」 (=極篇)。

新章デュエル・マスターズ に引き続き、「切札 ジョー」が主人公を務める。
実は、覚醒編以来8年ぶりの漢字の名前で読み方が違うエキスパンションシリーズ。ちなみに今までの「〜編」と違い、『』ではなく『』なので表記の際には注意。

新要素にクリーチャー面と呪文面を同時に併せ持つツインパクトカードが登場。
呪文、クリーチャー側を両方選択して選べるというこれまでに無かったカードの登場という、大きなサプライズ要素となった。

このセットに当てはまるエキスパンション

の4つ


  • ツインパクトカードや通常カード含めインフレが激しくなっており、特にツインパクトはクリーチャーと呪文両方合わさる為それがより顕著に現れている。また《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》などに代表される汎用性の高い効果を持ち複数枚必要のツインパクトカードは高レアリティになっている事が多く、E1〜ドラゴンサーガ頃の高レアリティを中心の商法への回帰や夏、冬時期の特殊パック販売や9月のスタートデッキ販売による商品数増加など全体的にテコ入れの様子が見られる。
  • DMEX-01で登場したUGC(ウルトラゴールデンカード)が復活。封入率は1BOXあたり1枚封入確定となっている。しかしその影響で前年で上がったベリーレアの封入率が1BOXあたり7枚から6枚に戻ってしまった。《ニコル・ボーラス》など再録の要望の多かったカードが選ばれる一方、ゴールデンベストと同様《凶戦士ブレイズ・クロー》など何度も再録されているカードも入っている。
  • レアの封入率も変化。新章デュエル・マスターズ(正確にはDMRP-04裁)までは一箱に確定で1枚ずつ18種封入されていたレアが、DMRP-07まで一箱にランダムで18枚封入となってしまった。そのため、DMRP-04魔〜DMRP-07まで一箱買ってもレアが揃うとは限らなくなった。その後、最終弾であるDMRP-08において再びレアが一箱で全て揃うようになった。
  • 商品数増加や汎用性の高いツインパクトカードの収録のおかげで、売上全体そのものは前シリーズよりも回復した。その一方上記のカードの高騰による資産ゲー化が進行し、古参プレイヤーが離れてしまうきっかけになってしまっており同年の「ポケモンカードゲーム」の爆発的ブームもあり後半の時期の売り上げは伸び悩んだ。
  • またツインパクトやスマッシュ・バーストなどこれまでにないカードタイプや効果の処理が増えたため裁定が定まらず、いつの間にか裁定を変更した事例が増えた事による混乱が多発した。
  • アニメ漫画のストーリーとフレーバーテキストの背景ストーリーとの連動性が新章以上に強まった結果、ネタバレ防止の為に殆ど本編の内容に触れないあるいは販売時に既に放送済みの内容のみとなり、この為第4弾での物語上でのミノガミ戦の決着語られる事なくアニメ漫画に持ち越され別コロ4月号で「双極篇完結」の告知がなされた。またアニメではツインパクトなど新要素は隠されていた新章時とは異なり、双極篇が完結する前から先行してGR召喚オレガ・オーラなど次シリーズの超天篇の新要素が全面的に登場することになった。

参考