耐性(たいせい)

除去に対する防御力、○○されない、といった能力のこと。
デュエル・マスターズ等のカードゲームでは、(受動的に)相手の妨害手段を回避することを「耐性」と呼ぶことが多い。

ひとえに「耐性」といっても、その種類や耐性の適用範囲、耐えることに必要となるコストが異なる。

DMにおける耐性の種類

耐性能力名概要備考
攻撃されない相手クリーチャーは、この耐性を持つクリーチャーを攻撃対象にできない。文明に多い。
ブロックされない相手のブロッカーは、この耐性を持つクリーチャーの攻撃をブロックできない。攻撃能力寄りだが、耐性に分類される。文明に多い。
(攻撃先を)変更できないガードマンメタリカ攻撃曲げを用いても攻撃を止められない。攻撃中止攻撃しているクリーチャー除去は問題なくできる
破壊されるかわりに○○する、されるバトルゾーンにとどまることができる。エスケープなど。破壊を別のディスアドバンテージに変換する。
破壊されない《デーモン・ハンド》などの破壊を受けたりバトルに負けても墓地に行かない。マナ送りやバウンスは食らう。
バトルゾーンを離れるかわりにとどまる破壊マナ送りなどあらゆる除去に対応した除去耐性。《神羅スカル・ムーン》などの置換効果による除去や、封印には対応できない。
離れないいかなる除去をも受け付けない、最高峰の耐性。これも封印には無力。
封印されない(できない)最高級の除去である封印を無効にする。それ以外の除去には無力。
アンタッチャブル相手が除去などでクリーチャーを選ぶ際、その選択肢から外れることができる。攻撃ブロックはされる。
すべてのバトルに勝つバトルパワー比べをせず、相手を破壊できる。攻撃寄りの能力だが、攻撃の牽制など受動的に用いられるため、耐性に分類される。
G・リンク状態除去されても構成パーツの1枚だけが離れ、それ以外は残る。どれを離すか選べる点も多少防御力に貢献する。
破壊された時、○○をバトルゾーンに出す」フィールドアドバンテージの損失を0にする。ドロン・ゴー《阿修羅ムカデ》など。該当カードがないと不発

耐性の意義

耐性の利用方法は主に3つに分かれる

  1. 除去耐性やアンタッチャブルを持つクリーチャーで確実にとどめを刺す、比較的オーソドックスな方法。
  2. 《精霊龍 ライトデュエル》と共に軽量ブロッカーを並べ、突破困難なチャンプブロックを形成するなど、「耐性」の名の通り防御に特化する方法。
  3. 《メタルワルスラS》《ワルスラ・プリンスS》の効果で破壊し《メタル》を手札に回収、さらに《プリンス》の能力も使う、といったようにデメリットを削減してコンボに利用する方法。

耐性は、ただ単に利用するだけでも強力な場面はあるが、コンボや弱点の補強に使えれば非常に有意義である。

総じて、「耐性」とは、コンボの核や、バトルの華となり、デュエルに欠かせない一大要素なのである。

注意点

耐性を扱ううえで、その適用範囲を間違えてはいけない。例えば、「破壊されない」クリーチャーに、《ナチュラル・トラップ》を打ったら、当然マナ送りになる。が、破壊の定義が曖昧な状態でデュエルをしている場合、「マナ送りも破壊なのでは?」などと疑問やトラブルが生まれやすい。初心者は特に注意したい。

その他

参考


Last-modified: 2018-10-10 (水) 18:45:13