滝川(たきがわ) るる

漫画・アニメ「VS」シリーズの登場人物にしてヒロイン。
CV:丹下桜

額が大きく出ている事から通称・デコちゃん(漫画では平仮名で「でこちゃん」)。
「VS」で初登場したが、実は勝太の幼馴染み。
4歳(漫画では年齢は言われていない)の時に八尾病院に勝太と共に入院していて仲が良かったが、以降は離ればなれに。
引っ越した折に勝太と待望の再会を果たすが、勝太は彼女の事を忘れていた。
漫画・アニメともにデュエマを再開する勝太熱血の戦闘龍デッキを渡している。

祖父のカードショップ滝川(元は寿司屋)の手伝いをしている。
今もせき込み、入退院を繰り返しているそうだが、劇中では入退院の様子はない。
病弱とは思えない異常な怪力の持ち主で、テーブルや大量の段ボール箱どころか、大岩や建物をも軽々持ち上げ、素手でロボットを破壊する。
その怪力は、漫画で戦車でも壊せないと思われた扉に、パンチ1発で大穴を開けた黄昏 ミミに負けず劣らずと言える。
人間離れした怪力を見せた後など、(わざとらしく)せき込む事もしばしば。
なお、漫画では入退院の話はなく、せき込む様子もない。

入院中に勝太に励まされていた事から、勝太に好意を持つ。
デュエル・マスターズのヒロイン格は黄昏 ミミプリンプリンなど何人かいるが、
いずれも主人公とくっついていないので(子供向け作品ならよくある事だが)、勝太との関係に注目である。
勝太といい雰囲気になる事を願うあまり度々妄想しているが、中学生時代は劇中の描写を見る限り、勝太はるるの気持ちに全く気づいていない。
それどころか勝太は、るるをコジローに投げつけたり、るるのおでこをいろいろと利用したり、(ギャグ場面とはいえ)ひどい扱いも多い。
「VSRF」にて勝太はるるを美少女と認識しており、また彼女の事を「大事な人」と考えているのだが、それが恋愛感情によるものなのかは明らかにされていない。

勝太を「かっちゃん」と呼び、勝太からは基本的に「でこちゃん」と呼ばれる(「でこちゃん」と呼ぶのは勝太のみ。漫画で一度だけぶっちゃけも発言)。
アニメ劇中で勝太に名前を呼ばれた事は一度もなく、2014年のデュエマ甲子園のCMでのみ「るるちゃん」と呼ばれている。
漫画では途中から「るる」とのみ呼ばれる。

勝太にはとても優しく、例えば漫画ではスカートの中を見られても気にしないが(勝太と同時に偶然スカートの中を見たぶっちゃけには顔面に蹴りを入れている)、
アニメでは何かしら嫉妬するなど、勝太を痛い目に遭わせる事も多く、勝太以外にも多くの人物を痛い目に遭わせている。
アニメでは口も非常に悪く、多くの人物に悪口を言っており、べんちゃんを「クサレメガネ」、ぶっちゃけを「ドルヲタアフロ」と言うのは可愛い方である。
漫画でも、嬉しさのあまり勝太を力任せに抱き締めて瀕死にさせたり、勘違いなどで殴る・叩く事も。

アニメ「VSR」第50話ではトイレに行く時、勝太の発言に怒り、空き缶を顔面に投げつけて大ダメージを与えている。
余談だが、勝舞もアニメ初代15話で似た経験をしている(トイレに行く前の真中 紗雪を怒らせて足を踏まれた)。

漫画では初登場時、額を光らせながら《DNA・スパーク》を使用。
アニメでは「VS」第26話で劇中初めてデュエマし、文明使いである事が判明。
「VSR」以降はルシファーから受け継いだ【白単連鎖】ドレミ団デッキを使用。
また、紅白デュエ合戦で3対3のチーム対抗デュエマに挑んだ際は、勝太やホカベンデッキカラーに合わせて文明カードを使用。

  • アニメ「VS」第1話にてルシファーも額が光り、咳き込むといった彼女と似た兆候が見られた。直前にルシファーが「切札 勝太の隣にはアイツがいる」と発言し、アニメ初代のミミや、「ビクトリーV3」のプラマイ 零のようなスパイ疑惑がいきなり浮上する。
    • が、蓋を開けてみればルシファーが勝太を気に入っているだけで、隣にいるというのもミスリードであった。
  • アニメは「VS」より、トゥーンレンダリングから2Dアニメーションになったためか、デフォルメ顔から楳図かずお氏の漫画のキャラのような顔など、かなり表情豊かなキャラとなっている。その多彩さ故に、プロデューサーから「顔芸ヒロイン」と呼ばれるほど。
  • 第16話のルシファーワールドカップ終了後の晩餐の席にて、るるによく似た女性の肖像画を見つける。
    • しかしこの件についてその後は一切触れられなかった。
  • 第20話でルシファーとは兄妹である事が発覚。彼女が八尾病院に入院していた時、治ったら花火を見に行く約束をしていたが、るるは寝ていたのでうろ覚えで、勝太と約束したと思い込んでいた。
    • 第26話での回想では、病室で寝ている時にルシファーから3D龍解カードが入ったお守りを受け取っていた。この時、るるはルシファーの姿が見えていたはずだが、勝太からもらったと記憶違いをしていた。
    • るるはルシファーが自分の兄とは知らず、祖父からは「父は山に芝刈りに、母は川に洗濯に、兄は鬼退治にいったまま帰ってこない」と聞かされていた。また、彼女の記憶でルシファーに関係するものは上記のように改竄・消失している。ルシファーが意図的にるるの記憶を改竄している可能性も。
  • 「VS」第47話で遂にルシファーと兄妹として再会。だが、るるの前から突然消えた理由は明らかにされなかった。そしてルシファーから最後のデュエマの言葉と共にある真実を聞かされる。
  • 「VS」第47話以降はルシファーを「お兄ちゃん」と呼び、慕うようになる。るるはルシファーをとても頼りにし、反発などは一切ない。ルシファーも常にるるを気にかけており、るるの危機に駆けつけたり、こっそり様子を伺っていたりする。互いにブラコン・シスコンのようでもある。
  • 漫画ではルシファーと兄妹であるかは不明。アニメでは兄だと知るまでは呼び捨てにしていたが、漫画では呼び捨てのほか、「さん」「様」付けする事もある。
  • 「VSR」第24話では、社長の盗電により野球のナイター練習が出来なくなってしまったホカベンの為に、ネットの上で座禅を組みながら額の輝きで照明の代わりをするという常人離れした行動をし、勝太に「だんだん人間離れしてきた」と言わしめた。もっとも、異常な怪力だけで十分人間離れしているのだが。
  • デュエマ中の今引き演出は、額がまぶしく光る以外は勝太のものを乙女なものにしたような演出になっている。
  • 後に勝太と結ばれ、子に次世代の主人公である切札 ジョーを授かる。
    • アニメ「VSRF」第47話からクレジットがめでたく「切札 るる」となり、新シリーズにも引き続きレギュラーとして登場している。
      新シリーズでは顔芸こそ控えめになったものの異常なまでの怪力は健在で、デッキーからも「ジョー様のお母様だけは敵に回してはいけない」と恐れられている。
  • 「VSRF」最終話では、切札 ジョーが彼女をモチーフをしたカードを作成していた事が判明。対戦には未登場だが、その後のシーンでテキストが確認できる。条件なしで自分のクリーチャー全てが場を離れなくなる《超覚醒ゼウス》をも上回る効果を持ち、更にるるが怪力であることを反映したからか、《伝説の禁断 ドキンダムX》と同じくパワーが99999あり、バトルになった場合その効果によってドキンダムXの方が一方的に打ち負かされることになる。このカードは他の自作カードとともに、旅立つ勝太にジョーからプレゼントされた。
    きりふだるる 光/水文明 (5)
    クリーチャー:(種族なし) 99999
    このクリーチャーがいるかぎり自分のクリーチャーはバトルゾーンをはなれない。
  • 声を担当する丹下桜氏は、代表キャラである木之本桜役により絶大な人気を博した「元祖アイドル声優」の1人で、同業者にもファンが多い。そして今でも「丹下桜が出演している」というだけでそのアニメ・ゲーム作品の注目度が高まる程の影響力を持っている。それに加えて「近年では高年齢層向けの作品にしか出演していなかった丹下桜が数年振りにキッズアニメに、それもヒロイン役で出演する」という事は、デュエマファンだけでなく話題を呼んだ。そして放送後、今まで丹下氏が演じてきたイメージとは異なった「顔芸や奇声を多用するいじられ系で暴力的なギャグキャラ」であった事も、違う意味で大きな話題を呼んだ。
    • 後にVSシリーズの監督である佐々木忍氏が、丹下桜氏とそのファンに対して「色々ごめんなさい」と謝罪を行っている。
    • ちなみに「光属性のカードを用いる」「劇中での衣装バリエーションが多彩」「兄が完璧超人」というのは、木之本桜と共通する点である。
    • VSRF終盤では勝太の妻にしてジョーの母親となったが、これにより丹下氏が人妻にして母親キャラを初めて演じたというのも話題となった。

戦績

  • 通算成績:12戦5勝4敗3中断

アニメ「デュエル・マスターズVS」

アニメ「デュエル・マスターズVSR」

  • 通算成績:4戦3勝0敗1中断
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    5話ロボ勝太勝利閃光の光文明
    12話バサラ中断
    16話コジロー勝利
    32話デュエマウス光龍の革命軍!

アニメ「デュエル・マスターズVSRF」

  • 通算成績:3戦0勝2敗1中断
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    12話うつぼみかづら敗北乙女の味方!ドレミ団!
    31話閃光の連鎖!
    44話切札 勝太中断乙女の願望!

使用カード

参考

                                                                     切札 るる


Last-modified: 2018-11-14 (水) 08:05:29