置きドロー

バトルゾーンに存在することで継続的にドロー効果を発揮するカードのこと。
「ドローエンジン」「置きドロソ」とも呼ばれる。

雷鳴の守護者ミスト・リエス UC 光文明 (5)
クリーチャー:ガーディアン 2000
他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

ハッスル・キャッスル R 自然文明 (5)
自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。
この城を付けて要塞化したシールドが他の城によって要塞化されていなければ、そのシールドが相手のクリーチャーにブレイクされる時、かわりに自分のシールドを1枚手札に加えてもよい。

《エナジー・ライト》などとは違い、短期的にアドバンテージを多くは得られない。
だが、性質上場に残っただけ効果を発揮するため、長期的な目で見ると他のドローカードより多くアドバンテージを得ていることも多い。
結果として放置すると《サイバー・ブレイン》などの強力なドローカードよりも膨大なアドバンテージを叩き出すため、相手にした場合は真っ先に除去したい。

幸い、その多くはパワーが低いなど破壊しやすいため、一部を除けば対処自体はそこまで難しくない。逆に言えば、強力な置きドロー手段をずっと生き残らせることができれば、それだけで勝利は近づくということでもある。

相手にした場合は真っ先に除去したいため「他に除去できる対象があるが、出てくるであろう相手の置きドローを除去するために敢えて残しておく」などのプレイングも有効。
特に《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》《龍波動空母 エビデゴラス》は公開情報である超次元ゾーンに置かれるので、除去を残しておくプレイングはし易いだろう。

  • 他のドローソースにも言えることだが、基本的に【速攻】と当たれば木偶の坊と化す。相手が遅いデッキタイプであればあるほど重要となっていく。

主な置きドロー

参考