中央(センター)G(ゴッド)・リンク

ゴッド・ノヴァゴッド・ノヴァ OMGが持つG・リンクの亜種。
自身または他のゴッドを場に出す時に自分のゴッドのリンクを解除し、その後右G・リンクの左側または左G・リンクの右側にリンクできる。
中央G・リンクを持つクリーチャーは現時点で《神人類 ヨミ》《イズモ》の関連カードのみで名称ルールは特になし。いずれも種族にオラクルを持っているという共通点がある。

神人類 ヨミ ≡V≡ 無色 (8)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ/オラクル 12000+
このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、カードを3枚まで引いてもよい。
T・ブレイカー
中央G・リンク(このクリーチャーまたは自分の他のゴッドをバトルゾーンに出す時、自分の好きな数のゴッドからカードを1枚ずつリンクを外してもよい。その後、このクリーチャーを「右G・リンク」または「左G・リンク」とあるゴッドにリンクしてもよい)
このクリーチャーがカード3枚でリンクしていれば、自分のシールドはブレイクされない。

「黒幕」 SR 闇文明 (9)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ OMG/オラクル 12000+
このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、相手は自身の手札をすべて捨てる。
T・ブレイカー
中央G・リンク(このクリーチャーまたは自分の他のゴッドをバトルゾーンに出す時、自分の好きな数のゴッドからカードを1枚ずつリンクを外してもよい。その後、このクリーチャーを、「右G・リンク」または「左G・リンク」を持つゴッドにリンクしてもよい)
このクリーチャーがカード3枚でリンクした時、このクリーチャーは各プレイヤーのシールドをすべてブレイクする。

一見トライ・G・リンクに似ているが、異なる点はゴッドのリンクを1度外してからリンクするという点。リンクし直すおかげで他のゴッドリンク時能力を再度発動させることができる。

テキストにあるように、中央G・リンクが場にあれば他のゴッドバトルゾーンに出す際にもリンク解除が可能で、その時出したゴッドは必ずしも中央G・リンク持ちにリンクする必要はない。

例えば、《妖精左神パールジャム》《イズモ》《戦攻右神マッシヴ・アタック》がリンクしている状態で《爆裂右神ストロークス》バトルゾーンに出そうとする時、リンクを一度解除し、再び《妖精左神パールジャム》《イズモ》《戦攻右神マッシヴ・アタック》で再リンクして《爆裂右神ストロークス》はリンクしないということも可能である。

その際に《妖精左神パールジャム》《イズモ》にリンクしなければ、《妖精左神パールジャム》《爆裂右神ストロークス》《イズモ》《戦攻右神マッシヴ・アタック》といった組み合わせにもでき、非常に応用がきく。

柔軟性が高い能力なので、ゴッド・ノヴァを使う場合はよく念頭に置きたい。

中央G・リンクの処理について

  • リンクするタイミングは従来通り、バトルゾーンに出す直前。cipよりも先に処理する点に注意。
  • 「バトルゾーンに出した時、またはリンクした時」という誘発条件における「出た時」と「リンクした時」は互いに独立しているので、リンクしている状態でバトルゾーンに出した場合、《妖精左神パールジャム》などのサイクルの能力は2回誘発する。
  • 中央G・リンクのリンクを外す処理は出す直前に行い、リンク相手を選んでリンクしている状態でバトルゾーンに出る
  • そのため、中央G・リンクを持つクリーチャーがいるところに新しく召喚しても、「リンクした時」という条件のトリガー能力は3回誘発しない。同様に、リンク相手1体の時に中央G・リンク持ちをだしても誘発は1回。ただし、3体リンク状態を解除して、解除した場所にリンクすることは可能
  • 既に3体リンク状態になっているところに中央G・リンク持ちをだした場合、既にリンクしている方の能力で外して、出す側の能力で外して…とすれば中央だけ入れ換えることは可能。

その他

中央G・リンクを持つカード

参考


Last-modified: 2018-11-16 (金) 00:05:06