超天篇環境(ガチャレンジ・シリーズかんきょう)

BEFORE⇒双極篇環境

DMSD-08DMSD-09期(発売日 2019年3月16日)

新戦力カード

概要

【チェンジザドンジャングル】《超GR・チャージャー》を獲得してGR戦術を新たに手にした。ジョーカーズはジョーカーズ・GRクリーチャーの多くと《ガチャダマン》を獲得したことで新たなデッキである【GRジョーカーズ】を形成した。

この時期は【ジョット・ガン・ジョラゴン】【赤白“轟轟轟”ブランド】【クラッシュ“覇道”】が3トップであり、その後ろを【チェンジザドンジャングル】【GRジョーカーズ】が追う格好であった。

DMRP-09期(発売日 2019年3月30日)

新戦力カード

概要

【赤白“轟轟轟”ブランド】《音奏 プーンギ》《ドドド・ドーピードープ》《♪銀河の裁きに勝てるもの無し》《♪正義の意志にひれ伏せ》などの多数の強化パーツに恵まており、デュエマGR爆速スタート52枚デッキセットで先行登場していた《KAMASE-BURN!》も一般解禁された。まさしくDMRP-09のコモン枠は【赤白“轟轟轟”ブランド】のためのものといっても過言ではなかった。

【サッヴァーク】《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》を獲得し、それまで打点形成が苦手であったのが嘘のような展開力を発揮するようになった。

【ドロマー超次元】《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》《無修羅デジルムカデ》などの強化札を得ており、特に後者のタップインは刺さる対面にはゲームエンド級の刺さり方をするので、直線的なビートダウン系統にはとことん有利になった。

そんな中2019年4月14日に行われたDMGP-8thDay2(殿堂レギュレーション)では意表を突くかのごとく【赤白ミッツァイル】が優勝を果たし、以降急速に広まった。【チェンジザドンジャングル】【黒緑ドルマゲドン】【サッヴァーク】もベスト8に残ったが、【5色蒼龍】もベスト8入賞を果たしてこちらもこの大会を境に有名になった。

DMEX-05期(発売日 2019年4月20日)

新戦力カード

概要

DMEX-05再録中心のエキスパンションであり、影響を受けたのは《白皇角の意志 ルーベライノ》が参入した【サッヴァーク】《鋼ド級 ダテンクウェールB》を獲得した【GRジョーカーズ】《接続 CS-20》《シニガミ 丁-四式》を手に入れた【青黒オレガ・オーラ】程度だった。

《ポクタマたま》は登場初期こそ評価が低かったが、《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》《卍罪 ド・リュザーク》といった墓地利用オーラのメタとして採用されるようになった。
《ガンナ・ホバーチェ》は現在の評価は低いものの、《C.A.P. アアルカイト》といったワンダフォースのサポートが出来るか期待されている。

この頃の環境はと言うと、【赤白“轟轟轟”ブランド】【クラッシュ“覇道”】といったビートダウンがまず活躍しており、それを《Dの牢閣 メメント守神宮》を始めとする防御手段を持つ【黒緑ドルマゲドン】【チェンジザドンジャングル】が迎え撃ち、そこに【サッヴァーク】【ジョット・ガン・ジョラゴン】が加わり、この6つのデッキにトップメタが集約される状況となった。

一方、【デ・スザーク】【赤白“轟轟轟”ブランド】【チェンジザドンジャングル】が使う《奇石 ミクセル》によって無月の門持ちの着地を阻害され、【黒緑ドルマゲドン】にも禁断爆発によって《卍 デ・スザーク 卍》を処理され、といった具合に環境の3トップに歯が立たず、チャンピオンシップ4位以内入賞がまばらになった。【青単ムートピア速攻】は上位入賞こそ途絶えてはいないが《音奏 プーンギ》に全否定されるデッキという面が強くなり、環境の主軸からは退いた。

DMSD-10期(発売日 2019年5月18日)

新戦力カード

概要

【白黒緑ドルマゲドン】が台頭。それまで2番手として活躍していた【墓地ソース】はそちらのデッキに約7割の確率で負けるため、やや低調になった。そもそも【白黒緑ドルマゲドン】は【墓地ソース】を受けきるためのデッキとして開発されたという。DMEX-05期にはウィニーを使用するデッキが露骨に軽量除去で対策を打たれるようになったため、それらのメタカードを腐らせるべく環境に【5色蒼龍】【白黒緑ドルマゲドン】などの大型重視のデッキが台頭したと言えよう。

この時期のトップメタである【ジョット・ガン・ジョラゴン】【赤白“轟轟轟”ブランド】【チェンジザドンジャングル】の間には【ジョット・ガン・ジョラゴン】→【赤白“轟轟轟”ブランド】→【チェンジザドンジャングル】→【ジョット・ガン・ジョラゴン】という三竦みが成立している。【速攻】である【赤白“轟轟轟”ブランド】はループデッキでもある【ジョット・ガン・ジョラゴン】に弱く、ループデッキとしての側面がある【ジョット・ガン・ジョラゴン】はロックを伴うコントロールである【チェンジザドンジャングル】に弱く、コントロールである【チェンジザドンジャングル】は【速攻】である【赤白“轟轟轟”ブランド】に弱い、といった具合である。

【ウォズレックバジュラズテラ】もこの頃の環境に進出。【ヒラメキシャコガイル】《水上第九院 シャコガイル》から脱却したのが【ウォズレックバジュラズテラ】であると考えると、この時期は良くも悪くも殴り合いの環境と言える。【モルト NEXT】もそのカウンター性能と除去力を武器に環境に復帰し、低速化した環境に適応している。

主流デッキ(通常環境)

参考