超無限進化(ちょうむげんしんか)

他の進化のように進化元の数を指定せず、好きな数の進化元の上に置ける進化

無限超竜ボルザード UC 火文明 (7)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン 8000
超無限進化−自分のクリーチャー1体以上の上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►相手はカードを1枚、自身のマナゾーンから選び、墓地に置く。
►バトルゾーンにある相手のクロスギアを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
►相手のシールドを要塞化している城を1枚選び、持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー

DM-34で初登場した。進化元の条件についてはまちまちだが、通常の進化に比べて条件が緩くなる傾向にある。この進化をするクリーチャーメテオバーンといった、進化元の多さを有効利用する能力を持っている事が多い。

《超時空ストーム G・XX》以前のカード進化元を増やせば増やすほど能力の強さが増すものが多く、進化元数に応じて強さが変化すると言ってもいい。しかし、大量に進化元を使用すると除去されたときのディスアドバンテージが大きいので、進化元の数をよく考える必要がある。
《超時空ストーム G・XX》以降はむしろ召喚条件を満たすために進化元の数を制限しない、というカードが多くなった。こちらは進化元をいくら増やしても単体の強さに影響が出ないため、なるべく少ない進化元で条件を満たしてしまいたい所。

  • カード左側の進化アイコンは進化アイコンの残像のようなものになっている。

参考


Last-modified: 2018-10-15 (月) 17:08:44