(ちょう)GR(ガチャレンジ)

GR特殊タイプを持つカード(=GRクリーチャー)の束または超GRゾーンに置かれるカード群のこと。
あくまで「山札のようなもの」であり、厳密には山札ではない。その為カード上で「山札の〜」といった指示があった場合に、超GRを山札と同一視することはできない。

超GRの用意は強制ではないが、用意する場合はゲーム開始前に過不足なく12枚用意しなければならず、つまり0枚と12枚という2つの選択肢しかない。

また、山札と同じく、ゲームが始まる前はシャッフルをしなければならない。

GRクリーチャーバトルゾーン離れた際にはサイキックドラグハートと同じく一度指定されたゾーンを経由して直ぐに超GRの一番下に裏向きで置かれる。

  • 超次元ゾーンに置かれるカード群とは異なり超GRは山札と同じく非公開情報であり、お互いにその内容を確認する事ができない。つまり、相手が超GRを使うデッキかどうかを判断する程度にしかわからない。もちろん、それを逆手に取って超次元ゾーンと同じくGR召喚を行えるカードが入っていないデッキに超GRを用意しておくブラフも有用である。
    この超GR及び超GRゾーン登場により『超次元超GRも使わないデッキ』、『超次元は使うが超GRを使わないデッキ』、『超次元は使わないが超GRを使うデッキ』、『どちらも使うデッキ』と非常に読まれにくくブラフを仕掛けやすくなった。

参考


公式Q&A

Q.超GRとは何ですか?
A.超GRはGRクリーチャー専用の山札のようなもので、ゲーム開始時に裏向きにしてよく混ぜてからGRゾーンに置いて使えます。超GRには同名のGRクリーチャーを2体まで入れることができ、枚数は12枚ちょうどでなければいけません。
超GRにあるカードは山札からカードを引くように引くことはできません。
引用元

Q.超GRのカードがなくなったらどうなりますか?
A.超GRのカードがなくなっても何も起こりません。
引用元