追加ブレイク

指定されたクリーチャーシールドブレイクするアクションを起こした場合、追加でシールドブレイクすることができる能力
基本的に「シールドをさらに1枚ブレイクする」と表記されていることが多いが、《アルティメット・影虎・ドラゴン》のように表記が異なることがある。

広義的にはブレイカーも追加ブレイクの一種であるが、後述のような違いがあるため、ここではブレイカー以外による追加ブレイクのことを表す。

無頼封魔アニマベルギス C 闇/自然文明 (2)
クリーチャー:グランド・デビル/ビーストフォーク 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーはシールドをさらに1枚ブレイクする。

魔弾 ベター・トゥモロー R 火/自然文明 (6)
呪文:ナイト
KM−このターンの終わりまで、バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべては「パワーアタッカー+3000」を得、シールドをさらに1枚ブレイクする。
ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文のKM能力をもう一度使ってもよい)

流牙 シシマイ・ドスファング VR 水/自然文明 (5)
クロスギア:サムライ
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+6000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。
これをクロスしたクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。
侍マジック(このカードをジェネレートした時、バトルゾーンに自分のサムライ・クリーチャーがあれば、自分の山札を見る。その中から《流牙 シシマイ・ドスファング》を1枚選び、コストを支払わずにバトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする)

例えば、普通のクリーチャーが+1の追加ブレイクを得た場合はW・ブレイカー、+2の追加ブレイクを得た場合はT・ブレイカー相当の打点を持つ事になる。

ブレイカー能力との違いは重ね掛けができる点。
例えば、「シールドをさらに1枚ブレイクする」効果を2回受けたクリーチャーは合計で+2の追加ブレイクを持つものとして扱える。また、ブレイカーを持つクリーチャーに追加ブレイクを与えた場合は、ブレイカーのブレイク数に加算した枚数のシールドをブレイクできる。
W・ブレイカーT・ブレイカーなどは重複してもブレイク数を増やすことはできないため、場合によってはこちらが上位能力とも考えられる。

さらに、こちらは能力によるブレイク数にも追加される。たとえば、《ムッシュ・メガネール》1体存在下で、はじめての攻撃が《R.S.F.K.》だった場合、ガチンコ・ジャッジに勝つ度に本来1つずつブレイクしていくところを2つずつブレイクしていくことになる。

  • 実際にシールドブレイクする際は、本来のブレイク分もブレイカーによるブレイク分も追加ブレイクもすべて同時である。それぞれを単純に加算して打点を考えても支障はない。

参考