天地命動(てんちめいどう) バラギアラ

DMRP-08で登場した名称カテゴリ
このカテゴリに属するカードは、面単体で考えた場合、DMRP-08時点でいずれも《天地命動 バラギアラ》という全く同一のクリーチャーである。ただしカード全体で見た場合はそれぞれ異なる呪文面を持つツインパクトであるため、《天地命動 バラギアラ》という名前はカード名としてよりも名称カテゴリとして扱われる。

また、《天地命動 バラギアラ》を参照する能力に輪廻∞が存在する。

  • ツインパクトルール上、これらのカードは別々のカード扱いであるため、いずれの種類もそれぞれ4枚まで投入可能。

一覧

天地命動(てんちめいどう) バラギアラ》

ここでは《天地命動 バラギアラ》共通の性能について解説する。

天地命動 バラギアラ MHZ 自然文明 (9)
クリーチャー:マスター・ハザード/グランセクト 17000
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。
輪廻∞:このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたまま唱えてもよい(コストは支払う)。そうした時、バトルゾーンにある自分の《天地命動 バラギアラ》1体につき、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置く。
T・ブレイカー
- MHZ - (-)
呪文
-

DMRP-08で登場したマスター・ハザード/グランセクトツインパクト
召喚時限定のマナアンタップ輪廻∞を持つ。

マナゾーンアンタップによって、必要なマナの色と数さえ揃っていれば実質タダで召喚できる。《コンダマ/魂フエミドロ》《虹出づる繭 ミノガミ/帝の目覚め》などで一気にマナ加速を狙いたい。
《天地命動 バラギアラ》の名を持つクリーチャーは全部で5種いるため、20枚フルで投入して手札が無くなるまで召喚を繰り返すという事も不可能ではない。

2つ目の能力である輪廻∞クリーチャー面を置いたまま呪文面をコストを支払って唱えることができ、バトルゾーンにいる自分の《天地命動 バラギアラ》の数だけマナを増やす事ができる。
召喚時にマナアンタップする能力と合わせれば、出したターン中にすぐ唱えることも可能。加えてマナが増えるので、追加で唱えるチャンスもある。

ただし、マナを増やす能力強制であることには注意したい。調子に乗って並べすぎると、輪廻∞を使った時にライブラリアウトで自滅する事になる。

《始虹帝 ミノガミ》攻撃時にマナブーストをして《天地命動 バラギアラ》召喚のための補助が出来る他、バトルゾーンにいればライブラリアウトによる敗北を防ぎ、山札を8枚回復するため非常に相性がいい。おそらくはデザイナーズコンボであろう。

呪文面を輪廻∞によって唱えられる事から、実際の性能はカードごとに異なる。より詳しくは前述の各《天地命動 バラギアラ》のページを参照。

関連カード

参考