殿堂解除

あるカードを、再びデッキに4枚入れられるようになる公式ルール。カードプール全体の環境の変化やインフレで今の環境に出しても問題ないと判断された場合に殿堂が解除される。

主に殿堂入りから無制限になる場合と、プレミアム殿堂から殿堂入りを経由せず一気に無制限となる場合の2種類に分別される。
また便宜上、プレミアム殿堂から殿堂入りに緩和される場合や、プレミアム殿堂コンビプレミアム殿堂超次元コンビの解除もここに記す。


殿堂解除カード一覧

2009年4月15日

2014年3月15日

2015年9月19日

2016年2月1日

2016年9月15日

2017年1月30日

2018年1月29日

解説

殿堂入り制度導入からパーツの片方がプレミアム殿堂入りで解除された、殿堂コンビを除くと革命編までの約11年間きちんとした形での単体のカードにおける殿堂解除は存在しなかったが、2015年9月19日に《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》が殿堂入りに緩和され事実上単体のカードとしては初めて殿堂解除が施行された。

更に年が明けて2016年1月末に《ディープ・オペレーション》《炎槍と水剣の裁》《パシフィック・チャンピオン》《雷鳴の守護者ミスト・リエス》の解除が発表され、殿堂解除開始の2月1日直前に追加の殿堂解除カードが発表された。

  • カードの制限改訂はデュエマの開発元であるWizards of the CoastMTGや、KONAMIの遊戯王OCGなどの有名TCGで見られるが、デュエマを含め禁止カードの降格や制限解除の制度を取り込んでいるTCGは少なく、取り込んでいてもMTGや遊戯王OCGのように知名度やカードプールが目立たない事もありそこまで注目されることはなかった。それだけにデュエマの殿堂解除は大きなニュースとなった。
  • デュエマで殿堂コンビ以外を除くと、革命篇まで殿堂解除制度が設けられなかったのは殿堂入りというものが、《無双竜機ボルバルザーク》《伝説の禁断 ドキンダムX》といった「強いカード」の宣伝として使われていた事、またメインのプレイヤーの児童層にとって殿堂解除、プレ殿入りで度々環境が変化しそれに合わせカードの購入や整理を行う事が大変であるという事情が考えられる。
  • 革命編で殿堂解除が設けられた理由として、プレ殿や殿堂入りのカードがあまりにも増えすぎて、《アクア・ハルカス》のような明らかに殿堂入りとして不相応なカードも増えたこと、また革命編開始直前に、遊戯王OCGでの強力な禁止カードをエラッタして弱体化して開放したり、過去の人気テーマをリメイクするという流れに影響を受けたのではないかと考えられる。
  • 殿堂解除となった後に再び猛威を振るったケースはなく、カードパワーインフレを感じさせる制度でもある。逆に言えば、当時としてはオーバースペック過ぎた為に殿堂入りしたとも言える。

参考


Last-modified: 2018-09-13 (木) 17:09:20