闘魂編環境

BEFORE⇒基本セット環境

メタゲーム

殿堂制前(DM-06DM-07

DM-06に入ると、これまでよりもいろいろな戦略が考えられるカードが一気に増え、デッキタイプに多様性が生まれた。

中でも《ヘル・スラッシュ》の登場は、ライブラリアウトデッキの躍進を生んだ。
《ヘル・スラッシュ》は同エキスパンションに収録された《恵みの化身》と共に【化身コン】を生み、相も変わらず《アストラル・リーフ》が暴れ続けていたメタゲームに一石を投じる。

また、《シェル・ファクトリーγ》《シグマ・トゥレイト》の登場によりサバイバーは展開力と破壊力を身に付け、これらは【リーフ青単】【トリガーターボ】に多少なりとも対抗できる、数少ないデッキとして注目を集めた。

だが、やはりリーフデッキの回転力は他を圧倒しており、DM-06では待望の2コストサイバー・ウイルス《エレガント・ランプ》までも獲得。
公式大会インビンシブル・リーグ2003の決勝トーナメントでは、ほぼ参加者全員がリーフデッキを使用。オープンクラス>で優勝したのは自然S・トリガー用としてタッチした【リーフ青単】だった。

DM-07に入ると、《メビウス・チャージャー》が注目される。
これを《アストラル・リーフ》に撃ち、膨大なマナ・ハンドアドバンテージを得ることが考案された。
このエンジンを使って3ターン目に最大8マナを出し、《地獄万力》《ロスト・ソウル》を軽々と唱えて相手を圧倒する超速【除去コントロール】【ターボメビウス】が作成される。

第一回殿堂制後(DM-08DM-09

《アストラル・リーフ》や多くの水ドローソースが長い間環境を支配していたが、DM-08発売後、遂に殿堂入りルールが施行される。
リーフや《サイバー・ブレイン》を始めとする水のパワーカードが5枚規制され、プレイヤーたちはメタゲームの再考を強いられる。

この中で台頭してきたのは、リーフ環境の中でもその強力なドロー能力で活躍を見せていた《アクアン》だった。《アクアン》はそれぞれ光、闇と組んだ【アクアンホワイト】【アクアンブラック】によって活躍し、当時のメタゲームの頂点に立つ。
アクアンブラックはDM-08に収録された《機怪人形ガチャック》を加え、そのビートダウン性能で他を圧倒した。

しかし、サバイバーや化身コンなどの殿堂を生きながらえたデッキも活躍の場は残されており、また、【赤黒速攻】【赤単速攻】などの【速攻】デッキも殿堂制で復権。
また、【ハイドロ・ハリケーン】などのコンボデッキも《アストラル・リーフ》消滅を機にして作成されて「きちんと戦える」デッキタイプが増え、ゲームに今までにない多様性が生まれた。

DM-09では、種族デッキを強力に後押しするアンタッチャブル《光器ペトローバ》と、《ヘル・スラッシュ》に続く山札破壊呪文《ロスト・チャージャー》が登場。

《光器ペトローバ》の登場は、【クリーチャーコントロール】デッキにおける種族を統一する旨みを増やし、ビーストフォークを主力にした【白緑コントロール】デッキや、ガーディアンなどを軸にした【アクアンホワイト】をさらに強くした。

他方、《ロスト・チャージャー》はその「使った後にマナに行く」という特性から、ライブラリアウトにおける《恵みの化身》の居場所を無くし、さらに洗練された【青黒赤ライブラリアウト】を生んだ。
【青黒赤】ライブラリアウトには《バースト・ショット》《ブラッディ・イヤリング》と共に《光器ペトローバ》対策の《サウザンド・スピア》が積まれ、これらの防御エンジンを流用し、フィニッシャー型の除去コントロールである【除去ドラゴン】も誕生した。

これらのデッキは一度は混沌化したメタゲームの寄りを戻し、公式大会スプリングチャレンジバトル2004などで猛威をふるった。

NEXT⇒聖拳編環境


当時の主流デッキ

〜DM-07

主なカード


参考


Last-modified: 2018-10-09 (火) 01:02:23