同型再販

すでに存在しているカードコストパワー能力がすべて同じだが、カード名と種族が違うカードのこと。
例→《キャンディ・クラスター》《キャンディ・ドロップ》の同型再販。

種族サポートや進化を考えないデッキであれば、同型再販を入れる事で《天使と悪魔の墳墓》対策や《口寄の化身》でのドロー数増加に繋がる。他にも僅かながら《執拗なる鎧亜の牢獄》等の対策にもなるため、覚えておいて損は無いだろう。

  • 同じ性能のカードが何種類も存在するバニラはこれに当てはまらない。
  • 相互互換と意味はほぼ同じ。ただし「再販」なので、こちらはより新しい方のカードを指して使う。

参考


Last-modified: 2018-07-09 (月) 00:23:14