特殊敗北条件(とくしゅはいぼくじょうけん)

デュエル・マスターズは基本的にクリーチャーによるダイレクトアタックで勝敗を決めるゲームであるが、それを無視してカードの効果によって自分が敗北してしまう条件のこと。
エクストラウィンの対義語である。

無双竜機ボルバルザーク VR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。その後、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。そのターンの終わりに、自分はゲームに負ける。
スピードアタッカー
W・ブレイカー

特定の条件を満たせば敗北してしまうという、デメリットとしては最上級のもの。
この能力を持つカードは、特定の条件を満たすと負けるデメリットの代償として、ゲームを決めかねない強力な能力を併せ持つもの、敗北を一時的にだけ避ける意味で敗北回避系の能力と併せ持つものが中心。
このうち《伝説の禁断 ドキンダムX》《終焉の禁断 ドルマゲドンX》殿堂入り《無双竜機ボルバルザーク》プレミアム殿堂に指定され、後者は公式大会では使用不可となっている。

現存する特殊敗北条件は概ねトリガー能力であるため、状況によっては《終末の時計 ザ・クロック》で回避できてしまうこともある。

特殊敗北条件を持つカード一覧

参考


Last-modified: 2018-12-15 (土) 18:34:59