白黒

文明文明の組み合わせ。

またはその2色で組まれたデッキのこと。

白青黒白黒緑に比べるとマイナーな色構成だが、組めないことは無い。

には《巡霊者メスタポ》《剛厳の使徒シュライバー》には《デュエマの鬼!キクチ師範代》《停滞の影タイム・トリッパー》などの優秀なウィニーが多いので、それらを繰り出して妨害しつつ、殴っていくというメタビートとなることが多い。

ちょうど文明が合う《至宝 オール・イエス》も相性がよく、手軽にウィニーパンプアップしつつハンデスで相手をコントロール出来るようになる。

ただし、ドローソースを扱える白青黒マナブーストが得意な白黒緑に比べると動きが不安定になりやすい。

使い手の腕前が問われる上級者向けの色構成と言えるだろう。

  • Magic:The Gatheringのラヴニカ次元の2色の組み合わせからなるギルドの一つ、「オルゾフ組」を語源とする「オルゾフ・カラー」という俗称がある。いずれにせよ、色の組み合わせは俗称を使うより、色名で言った方が親切だろう。

参考


Last-modified: 2018-10-18 (木) 22:15:56