白凰

漫画とアニメ「デュエル・マスターズ」シリーズの登場人物。

かつて主人公を務めた切札 勝舞の最高の親友にして最大のライバル。
アニメでの声は「テニスの王子様」の「越前リョーマ」役、「コロッケ!」の「ウインナー」役を担当した皆川純子氏。

性別は男、年齢は勝舞より2つ年上で13歳。
漫画無印及びアニメ「チャージ」では死にかけるも奇跡的に助かっているが、FEとSXでそれぞれ1度死亡しており、勝舞のデュエルマスターの力によって生き返っている。

デッキカラー文明が主軸。
光以外は水の使用頻度が高く、自然もそれなりに使っている。
闇の使用頻度は高くなく、火の使用頻度が最も低い。
エンジェル・コマンドをメインとし、ヒーローズ・カードでも同種族を多く担当。

漫画がMagic:The Gatheringを扱っていた初期の頃は、日本jr.最強のデュエリスト集団「白い騎士団」のリーダーで、四天衆の三国ミミ愛善牛次郎を率いていた。
この時は非常に冷酷な人物として描かれ、デュエルが弱い人間を貶したり、デュエルに負けた人物を容赦なく追放したりしていた。

実はガルドの強襲で母親を失っている。これがきっかけで強さのみを追い求めるようになり、その結果として敗北を許さない非情な性格となっていた。

デュエル・マスターズを初めて使用した切札 勝舞とのデュエルに敗北して目が覚め、元の明るい性格に戻る。
Dr.ルートの元で修行を始めて以降、勝舞と幾度ものデュエルを経てライバル・親友としてのポジションを確立していく。

バトルアリーナ終了後、ザキラによって記憶を抜かれ、幼児化。その後はG(ゲドー)によって洗脳され、W(ホワイト)になり、勝舞達と敵対。
勝舞とのデュエルによって洗脳が解けた後は、ガルドを内部から崩壊させるべくY(イエスマン)にデュエルを挑むも敗北。
敗北時に地面に転落・重傷で死亡するが、勝舞が手に入れたデュエルマスターの証の力によって復活を果たす。

アニメではシリーズによって、ザキラ登場後の様子が大きく異なる。
「チャージ」では漫画基準に記憶を奪われ、幼さが強く出ており、後に洗脳されている。
「クロス」では記憶を奪われる事はなく、序盤でザキラに敗北後すぐに連れ去られて洗脳されている。

「SX」最終回では勝舞の死が認められず、取り乱している。

「ビクトリー」以降は、《竜魔神王バルカディア・NEX》カードイラストで大人になった姿が見られるが、番外編も含め登場はない。

  • 劇中では何度も性格が変化しており、同じ人物とは思えないほど。本来は明るく優しい性格だが、母親の死を受けてデュエルの神殿編では冷酷な性格となっていた。元の性格に戻った後も、ザキラに記憶を抜かれて幼児化したり、ガルドに洗脳されてW(ホワイト)になったりしている。アニメでは「敵を騙すには味方から」という事で、勝舞達に事情を説明せず冷たい態度を取った事も。
  • 黄昏 ミミを始め彼を慕う人物は多い。四天衆の中では牛次郎を除いて三国愛善から「様」付けで呼ばれており、少年少女は多くの人物が「様」付けしている。勝舞の仲間も白凰を呼び捨てにするキャラは少ない。
    • また、白凰は敵以外は基本的に呼び捨てにせず、子供キャラにはほぼ「君」付けしている。ミミにも「君」付けだが、紗雪には「さん」付け、幽には「ちゃん」と「さん」を使っている。ほか、ジョージには「君」付けだったり呼び捨てだったりする。
  • 他のキャラクターと違いフルネームは不明。白凰という名前もファーストネームかファミリーネームかはっきりしない。劇中で「白凰家」という言葉が出ているため、彼の家で代々受け継がれる名前かもしれない。
  • 全身の血液を脳にのみ送り、感情をも消し去ってデュエルに集中する能力「ホワイトアウト」を持つ。ただし、見た目が完全にのっぺら坊なのでネタにされることがある。ちなみにこの能力、デュエル以外でも発動できるらしく、番外編では現実逃避にも使用された。

関連カード

関連デッキ

関連パック

参考


Last-modified: 2018-07-11 (水) 12:58:48