必須カード

文明コンセプトさえあっていればほぼ必ず入ってしまう、もしくは最終的に入らなくても投入を考慮できるカードのことを指す。

例えば白青黒のデッキならば、ビートダウンコントロールに限らず、《コアクアンのおつかい》《セブ・コアクマン》は投入、もしくは考慮されるだろう。
他には、入りのコントロールにおける《解体人形ジェニー》バトルが絡んだデッキにおける《光牙忍ハヤブサマル》なども挙げられる。

また、各デッキタイプでいえば【ドミティウス】における《魔龍バベルギヌス》【ヘブンズ・ゲート】における《奇跡の精霊ミルザム》《音感の精霊龍 エメラルーダ》などが挙げられるか。

デッキの回転を支える基本カードや、高いカードパワーを持つフィニッシャー、もしくはコンセプトとなったカードと大きなシナジーを生み出すカードが必須カードと言われる事が多い。

ただし、必須カードと言われる場合でも、最終的にデッキから抜ける場合もあるので、時には固定観念に囚われない事も必要である。

  • 特定のデッキタイプにおける「主要カード」とは意味合いが異なる。あちらはデッキコンセプトとして投入される事が前提であるのに対し、こちらは「デッキコンセプトではないが、そのデッキの動きを考えるとどうしても必要であろうカード」を指す。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 15:29:40