返霊(へんれい)

「返霊N 返霊アイコン-(効果)]とは、「このクリーチャー攻撃する時、自分の墓地にあるカードN枚を好きな順序で山札の一番下に置いてもよい。そうした場合、(効果)を生成する」を意味するトリガー能力である。

へんれいと読む。DM-36で登場したキーワード能力の一つ。文明クリーチャーのみが持つ能力

終末の覇王アザファウスト VR 闇文明 (6)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
E・ソウル
返霊15(このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地からカードを15枚、好きな順序で山札の一番下に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーの返霊能力を使う)
返霊−他のクリーチャーをすべて破壊する。自分のシールドを1枚選び、その後、このクリーチャーは自分の残りのシールドをすべてブレイクする。相手のシールドを1枚選び、その後、このクリーチャーは相手の残りのシールドをすべてブレイクする。
W・ブレイカー

山札カードを戻す能力であるため、ライブラリアウト対策になる。
返霊する枚数が少ない場合は呪文スーサイドを多用するデッキで無理なく使用できるが、《終末の覇王アザファウスト》のように要求される枚数が極端に多い場合は墓地肥やしギミックが必須となるため、返霊できなかった場合は逆にライブラリアウトの危機に晒されることも。

注釈文の「返霊能力を使う」という記述から間違われやすいが、返霊アイコン以下の文章は返霊能力の効果節の一部であり、独立した別の能力ではない。

  • 返霊能力は不発に終わる場合、もしくは不発に終わると分かっていても、カード墓地から山札の一番下に置くことは可能。こうした動きを利用して、ライブラリアウト対策をするのも可能。
  • 読み方はへんりょうではない。「返礼」(嫌な仕打ちに対して仕返しすること)の「礼」を「霊」に置き換えたネーミングであるため、このような読み方になっている。意外と間違えやすいので注意。

サイクル

DM-36文明特有のキーワード能力

参考


Last-modified: 2018-10-10 (水) 20:38:57