墓地召喚(ぼちしょうかん)

手札ではなく、墓地クリーチャーマナコストを支払って召喚することの俗称。

DM-32で初めて墓地クリーチャー召喚できるようになる《死皇帝ハデス》が登場。

マナ召喚と同様、G・ゼロリベンジ・チャンスのようにゾーン指定のない「召喚」を持つカードは、能力の範囲内であれば墓地からも発動できるようになる。
例:《不死帝 ブルース》がいるときに、墓地にある《無重力 ナイン》G・ゼロを使って召喚

墓地のカードを「公開情報になる代わりにハンデスを受けなくなった手札」として扱えるようになる、あまりにも強力なシステム能力であり、如何に墓地を操る文明と言えどこの能力を持つクリーチャーは少ない。全クリーチャーを墓地召喚可能なのは《死皇帝ハデス》のみであり、開発も慎重なのが分かる。

墓地召喚を可能にするクリーチャー

参考