墓地進化GV(ぼちギャラクシー・ボルデックス)

墓地からクリーチャーを3対重ねて出す、墓地進化の派生系。

大邪眼B(ビギニング)・ロマノフ SR 闇文明 (7)
進化クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 12000
墓地進化GV−闇のクリーチャーを3体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを好きな数、自分の墓地に置いてもよい。こうして墓地に置いたカード1枚につき、相手の手札から1枚見ないで選ぶ。その後、相手はそれを見せて、自身の山札の一番下に置く。
T・ブレイカー

DM-34にて、墓地進化Vをすっ飛ばし先に登場した。

墓地進化GV自体の数は少ないが、《大邪眼B・ロマノフ》を見て分かる通り強力。多少墓地肥やしなどの下準備はかかるものの、進化元が墓地進化に比べ2体も増えたこと程度なんの問題でもない。

破壊されてもディスアドバンテージが少なく、バウンスされたら手札が4枚増え、マナ送りならば4マナ増え・・・といいことばかりであり、進化クリーチャーにしては対処が難しい。最も、《B・ロマノフ》の場合は後述の様にすぐメテオバーンを使うことが多いので、毎度それだけのアドバンテージを生むとは限らない。

主な墓地進化GV

参考


Last-modified: 2018-12-09 (日) 16:13:05